トピックス

ストレスに強い脳を作る方法

投稿日:

ストレスに強い脳を作る方法

職場や人間関係などで

ストレスを抱えている人

少なくありません。

 

では、どうすれば

ストレスを減らせるでしょうか。

 

今回はそれについて、

お伝えしていきます。

私自身、決してストレスに強いタイプではなく、

むしろ、ストレスに弱い方でした。

 

しかし、さまざまな工夫をした結果、

今はほとんどストレスフリーの状態

生活できています。

 

その過程で、私が実践してきたものを

いくつかご紹介します。

 

 

まず、1番目は、

つまらない仕事を楽しくする方法です。

 

仕事がつまらない

やりがいがないと思っている方も

少なくありません。

 

つまらない仕事をしていると

何が問題になるかと言うと、

ストレスが溜まることです。

 

これは健康面から考えても

良くありません。

 

そのような方に

3人のレンガ職人の話ご紹介します。

 

 

あるところに、

3人のレンガ職人いました。

 

そこを通りかかった旅人が、

その職人たちに声をかけます。

 

1番めのレンガ職人に、

「あなたは何をしているのですか」

と質問すると、その職人は

「レンガ積みに決まっているだろう」

と答えました。

 

次に、2番目のレンガ職人

同じ質問をすると、その職人は

「この仕事のおかげで、俺は

家族を養っていけるんだよ」

と答えました。

 

そして、3番目のレンガ職人は、

「歴史に残る偉大な大聖堂を作っているんだ」

と答えました。

 

この話から何が分かるかと言うと、

同じ仕事をしているにも関わらず、

人それぞれ捉え方が違ういうことです。

 

さらに、その仕事に対するモチベーション、

つまりやる気も全く異なっていることが

わかります。

 

つまらない仕事も捉え方ひとつで

変わるということです。

 

次に、私自身の話です。

 

今から10年ほど前に、

ある田舎のクリニックに

アルバイトに行った経験があります。

 

その仕事自体は、特に

面白いものではありません。

田舎のクリニックなので、

行きたがらない人が多いです。

 

しかし、私はそれが全く苦ではなく、

むしろ楽しく通っていました。

 

では、なぜ私がそのように

考えられたのでしょうか。

 

私は、昔からハワイに住みたいという

夢、目標を持っていました。

このアルバイトも、

ハワイに移住するためのステップになると

捉えていました。

 

なぜかと言うと、そのアルバイトは

給料も割と良かったからです。

 

さらに、そのアルバイト先の地域で、

不動産を購入して、副収入得よう

考えていました。

 

ですから、私にとっては、

将来ハワイに移住するために、

プラスになる要素こそあれ、

決してマイナスな要素はなかったのです。

 

このように、一般的に考えれば、

つまらなくて、他の人は

あまりしたがらないような仕事でも、

捉え方を変えれば、

楽しく取り組むことができます。

 

これは、先ほどのレンガ職人の話とも

共通する部分があります。

 

たとえば、職場に

怖い上司がいるとします。

そうすると、ほとんどの人は

ストレスを感じてしまいます。

 

なぜ、ここでストレスを感じるかと言うと、

それが人間の本能だからです。

 

闘争逃走反応という反応があります。

英語ではfight-or-flight responseです。

 

何かあった時に、闘争or逃走、

つまり戦うか、逃げるかの反応

本能的にしてしまうということです。

 

相手に対して、怖いとか逃げたいといった、

恐怖心が勝ってしまうと、

ストレスホルモンと呼ばれる、

コルチゾールなどの分泌が

増加してしまいます。

 

このような状態が慢性的に続けば、

健康を害してしまいます。

 

しかし、同じ状況でも

強気で戦おうとすれば、

やる気のホルモンである

ドーパミンなどが増加します。

 

このように、同じ場面でも

脳の反応は全く異なってきます。

 

では、どうすれば強い態度で

臨むことができるでしょうか?

 

ひとつテクニックをご紹介します。

 

それはどういうものかと言うと、

もう1人の自分を作るというテクニックです。

 

この場合は、誰か強い人になりきるようにします。

 

たとえば、以前、TVドラマで

話題になった半沢直樹です。

 

半沢直樹は、上司にも部下にも変わらず、

常に強気の態度で臨んでいました。

あのようなイメージで、

自分は半沢直樹だと思いこんで

その相手に臨むわけです。

 

もちろん、実際に半沢直樹のように

ならなくてもいいので、

表向きは穏やかにしつつ、

内面は強い姿勢と態度で臨む

ということです。

 

最初は少し難しいかもしれませんが、

慣れてくれば必ずできるようになります。

 

逆のパターンが

上司から怒られたり、同級生から

いじめられたりする人です。

 

このような人は、

最初から弱気になっています。

 

そうすると、相手も

どんどん強気で攻めてくるという、

悪循環が生じてしまいます。

 

このテクニックは、

その逆をいくパターンです。

自分が相手に対してひるまず、

強気で臨むことで相手に負けない状況を

作ることができます。

 

今回は、昨日のメルマガでお伝えした

嫌な仕事の対処法と併せて、

ストレスに強い脳を作るための方法を

2つご紹介しました。

 

これらに共通していることは、

物事はすべて捉え方次第ということです。

 

多くの人がつまらないと思う

仕事にも楽しい面もあり、

多くの人が嫌いとか怖いと思う人にも

良い面もあり、そこをどう捉えるかです。

 

言い方を変えれば、

脳の使い方次第ということになります。

 

ですから、元々の性格だからなどと

思いこんだり、諦めるのではなくて、

脳の使い方を工夫することで、

確実に脳のストレスを減らすことができます。

 

ぜひ実践してみてください。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/B8Ht_iMglGg

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.