トピックス

私が短眠法をやめた理由

投稿日:

私が短眠法をやめた理由

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓ 
  

https://youtu.be/2mkesUqyjsc  

 

 

私は以前、短眠法の講座に通ったことがあります。

この講座ではどんなことをやるかと言うと、

いきなり3時間睡眠を実践します。

 

まず、夜の睡眠時間を3時間にします。

日中に5~10分程度の仮眠を何度か取って、それで眠気をとります。

その後、徐々に夜の睡眠時間を短くしていくプログラムです。

 

それをしばらく続けていたのですが、私は結局、

短眠法をやめることにしました。

なぜやめたかと言うと、いくつか理由があります。

 

理由の1つとしては、私は毎朝ジョギングをするのですが、

短時間睡眠だと、朝起きて走ろうとしても

なぜか脚に力が入らないのです。

 

いつものように走り出しても力が入らず、

途中で気分も萎えてしまうのです。

 

また、もう1つの理由として、

特にやることがなくても起きていなければならない

ということがありました。

 

これでは逆に時間がもったいないので、睡眠をしっかり取って、

集中して仕事をこなした方がいいと思い、

私は短眠法をやめることにしました。

 

そして、この話を先日のセミナーでしたところ、

あるメンバーに

「私は夜、メールの処理などが終わらなくて、いつの間にか

疲れて寝てしまってます」

言われました。

 

メンバーも、メールの処理に苦労している人が

たくさんいることがわかりました。

 

では、なぜこのようなことになってしまうのでしょうか。

 

現代社会はインターネットが普及して、

文字でやりとりすることが増えました。

 

文字といっても、書くというよりは

パソコンのタイピングスマートフォンの入力作業になるのですが、

いずれにしても文章を書く量が大幅に増えました。

 

先述のメンバーのように、

メールを書く時間が睡眠時間を圧迫するなど、

書く作業に要する時間が、生活の質に大きく影響します。

 

つまり、文章を書く作業をいかに効率良くスピーディにこなせるかどうかが、

とても大事なテーマになってきます。

 

私の場合、これまで本を十数冊出していますが、

原稿は、だいたい1ヶ月もあれば書き終わってしまいます。

 

また、このメルマガも毎日書いており、

メルマガを毎日書くってすごいですね!」よく言われますが、

実は15分程度しかかかっていません。

 

しかし、これは何か特殊な才能とかそういうことではありません。

速く書くためのメソッド創意工夫の積み重ねで確立したからなのです。

 

ですから、速く書くことができたり、毎日

メルマガを書くことできるのです。

 

このメソッドの集大成として、スピードライティングメソッド

という教材を昨年販売したところ、大好評でした。

 

そこで、さらに内容を充実させて、近々再発売する予定です。

今回も、リリース記念として特別価格でのキャンペーンも行ないます。

このメルマガでお伝えしていきますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.