トピックス

テクニックはテクノロジーに勝てない

更新日:

テクニックはテクノロジーに勝てない

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓ 

https://youtu.be/8YMoQTSr8QE  

 

昔、食道離断術という手術がありました。

 

肝硬変という肝臓の病気があります。

文字通り、肝臓が硬くなり、肝臓の血流も悪くなります。

 

肝臓に血液が流れない分、食道に流れる血液が増え、

食道の血管に静脈瘤というコブができます。

 

 

このコブが破裂すると、血を吐いたり、

出血多量で亡くなってしまいます。

 

これを防ぐために食道を切り取って、

つなぐ手術が食道離断術です。

 

 

技術の習得にも時間がかかり、

肝臓が悪い患者さんにとっては

体への負担も大きく、とても大変な手術でした。

 

ところが、今、この手術は全くやっていません。

なぜかと言うと、別な方法が登場したからです。

 

それは内視鏡です。

内視鏡で食道静脈瘤を治療できるようになったので、

断術は必要なくなったのです。

 

 

このように、一生懸命技術を磨いても、

新たなテクノロジーが登場することによって

一気に覆されてしまうことが多々あります。

これはイノベーションとも言えます。

 

身近なところで言うと、パソコンや

スマートフォンの入力があります。

 

なるべく速く入力できた方がいいので、

タイピングやフリック入力の練習をして、

技術を向上させる必要があります。

 

しかし、最近はここにも新しいテクノロジーが登場しました。

それは何かと言うと、音声入力です。

 

音声入力の技術が向上したため、タイピングやフリック入力を

どんなに頑張っても、音声入力の速度には叶わないのです。

 

ただし、音声入力はどこでも使えるわけではないので、

タイピングもフリック入力もまだ必要です。

 

新たなテクノロジーが登場して、

状況が変わることは、どの分野でもあります。

 

ですから、既存のテクニックの向上も重要ですが、

そこばかりに囚われるのではなく、

新たなテクノロジーの導入も常に意識しなければなりません。

この2つのバランスをとることが必要です。

 

 

さらに、もう一つ重要なのは、

今やっているビジネスの領域が覆されることがないかどうかも

常に意識する必要があるということです。

 

今はうまくいっているが、近い将来、

新たなテクノロジーが登場したら一気に覆される

という領域は少なくありません。

 

たとえば、コンビニも、今は人手が足りないと言われていますが、

いずれAIで自動決済できるようなシステムが登場するでしょう。

そうなれば状況が一変します。

 

どの分野でも、このようなことが起こり得るということを、

常に意識する必要があります。

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.