トピックス ブログ

貧しい国日本

更新日:

美しい国日本

安倍首相が、最初に総理大臣になった時に掲げたスローガン。

確かに、日本は美しい国。

特に東南アジアなどから戻った時にそれを実感します。

160404_1

しかし、そんな美しい国が

どんどん貧しい国になっているという事実。

その理由はバブル崩壊よりも

少子高齢化にあるようです。

高齢化のために医療費、介護費は年々増加。

労働人口、消費人口も既に減少に転じています。

ただし、国自体が貧しいというよりも、

貧しくなったのは、正確には国民でしょう。

歳をとった国でもお金を稼ぐことはできます。

それは、国を人に置き換えてみるとわかります。

歳をとった人はどうやってお金を稼ぐか?

歳をとっているのにお金持ちの人は何をやっているのか?

それは投資です。

歳をとって労働できなくなっても投資はできます。

ですから、歳をとった国も投資はできる。

例えばODA
政府開発援助

(せいふかいはつえんじょ、Official Development Assistance, ODA)

発展途上国の経済発展や福祉の向上のために
先進工業国の政府及び政府機関が
発展途上国に対して行う援助や出資のこと。

一見外国に寄付をしているかのように報道されていますが、

実は現地で請け負うのは日本の企業。

一部の大企業、

そして国にもお金が入る仕組みが

しっかりできています。

しかし、これは日本国民にはリターンはありません。

なぜなら、現場で労働しているのは外国人。

労働収入は外国人に入ってしまうからです。

国の借金がどんどん膨らんでいると言われていますが、

実際には国自体がは貧しくなっていないと、私は思っています。

しかし、国民は貧しくなっている、、、

こうした状況を知らない若者は将来どうすれば良いのか?

160404_2

今、私がビジネス系の個別コンサルティングをしている人で、

最年少は25歳です。

高額のコンサルに申し込むだけあって、

優秀ですし、やる気もあります。

この生徒さんには、

一攫千金を狙うのではなく、

着実にステップアップして、

10年後には確実にお金持ちになれるよう

アドバイスをしています。

現在は、ある資格試験を目指して勉強中です。

他にも必要なスキルはいろいろあります。

例えば、、


パソコンのスキル。

実は、近年

パソコンの苦手な若者が増えています。

その原因はスマホの普及。

160404_3

最近は、

スマホ派とパソコン派の

二極化がどんどん進んでいます。

しかし、スマホがどんなに便利になっても、

パワーポイントの資料を作るのは無理でしょう(笑)。


スマホ派が増えている時代だからこそ、

パソコンのスキルを身に付けるだけで、

他の人より、

抜きん出ることが可能なのです。

簡単と言えば簡単。

ただ、それをやるかやらないかだけです。

他にもコミュニケーションのスキル。

やはり、ネットの普及、

特にSNSの普及で、

若者はリアルなコミュニケーションの能力が

低下しています。

そんな時代だからこそ、

コミュニケーション力を身につけるだけで、

他の人より優位に立てる。

こういう簡単なことに気付いた人は、

貧しくなった日本でも、

豊かになれます。

当たり前のことができるだけで豊かになれる時代。

あなたはどちらを選びますか?

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.