トピックス ブログ

環境は変えられる

更新日:

環境が悪いから上手くいかない

多くの人が、自分が上手くいかなかったこと、

現在上手くいってないことを

環境のせいにします。

しかし、本当にそうでしょうか?

おそらく、そのような発想をする人は、

どんな環境に行っても、

何か気に入らないことがあると、

環境のせいにしてしまうでしょう。

逆に気に入った環境に入れた場合は、

上手く行っていることを

自分の実力だと勘違いしてしまう。

100%自分の理想通りの環境というのは

まずありません。

何かしらの不満はあっても、

それを工夫次第で変えることは可能です。

私が研修医の時、

都立墨東病院の救命センターで半年間研修をしました。

当時、研修医は週に5日当直するという

まさに劣悪な環境でした(笑)。

しかも、部長も副部長も

短気で怒りっぽく、

自分がいない時に、

患者さんに何かあろうものなら、

「主治医のくせに何をやっとるんだ!」

と怒鳴られてしまいます。

仕事もきつい、

上司も怖い

こんな最悪な環境ですが、

変えることができました。

まず、研修医同士で相談してシフトを変えることにしました。

研修医2名でコンビを組み、

どちらかが病院に泊まる。

もう一人は帰って良いという体制に変えました。

まあ、それでも月の半分は当直なのですが(笑)、

病院を離れた時は、呼ばれることはないので、

安心できます。

次に怖い上司をどうしたか?

160405_1

当時、織田裕二主演の

「振り返れば奴がいる」というドラマが流行っていました。

病院に泊まることが多いので、

医局のテレビで、みんなで見ていました。

ある時、部長が

「なんだこれは?」と言うので、

「先生、これ面白いから、試しに見て下さい」と言ったところ、

「ふん、こんなのくだらん」と言いながら、見始め

「これ、くだらないけど、面白いな!」と

部長も副部長もドラマにハマってしまいました(笑)。

その後は、毎週水曜日の夜は、

みんなテレビに釘付け。

昼間、処置をする時も、

「これからオペを始める」などと、

「振り返れば奴がいる」ごっこをする始末(笑)。

包帯交換といって、患者さんの消毒をして包帯を替えるのですが、

ヤケドの患者さんで、全身包帯を巻かれていて、

処置がとてもとてもたいへんな患者さんがいました。

そこで、ドラマの主題歌の「YAH YAH YAH」や、

当時のヒット曲をかけて、リズムよく作業をすると、

面倒な処置も楽しくこなすことができました。

こうして、私が研修に行った時とは、
すっかり雰囲気が変わってしまったのです。

このように
ちょっとした工夫で環境は変えることができます。

環境のせいにする前に、

何か工夫ができないか考えてみましょう。

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.