トピックス

◯◯を変えれば天才になれる!

投稿日:

◯◯を変えれば天才になれる!

まず、今回の天才の定義ですが、

天才とは、何でもできる万能な人

ということではありません。

 

何らかの分野で突出した

成果を出す人のことを言います。

 

たとえば、野球の

イチロー選手などを天才と呼びます。

 

では、天才になるためのポイント何でしょうか?

 

それは意識を変えるということです。

 

では、意識を変えるとは具体的には

どういうことなのか、私自身の経験を元に、

具体例をお伝えしていきます。

 

私は学生時代に野球部で

ピッチャーをしていました。

 

元々コントロールは悪くなかったのですが、

さらに良くするにはどうすればいいか考えました。

 

ボールを真ん中には投げられるのですが、

それではバッターに打たれてしまいます。

外角低め投げないといけません。

 

そのために、コントロールを

どうすればいいかということです。

 

そこで、私は真ん中を狙うのも、

外角低めを狙うのも一緒だと、

意識を変えればいいのではないかと考えました。

 

そうすると、コントロールが良くなり、

外角低めを狙って、思った通りに

投げられるようになりました。

 

こういったことを私の後輩にも

アドバイスしたところ、

後輩も外角低めにボールを

投げられるようになりました。

 

私も後輩も、したことと言えば、

意識を変えただけです。

 

たった、それだけで

結果が大きく違ってくるのです。

 

また、これも私自身の経験ですが、

勉強も意識を変えることで

結果が変わってきます。

 

普通は、じっくり時間をかけて

勉強をやる人が多いです。

 

しかし、私の場合は小さな頃から

とにかく速くやることを心がけていました。

 

なぜかと言うと、勉強に時間をかけると、

遊ぶ時間が減ってしまうので、

もったいないと考えていたからです。

 

そのようにして、とにかく

速く勉強していたところ、

集中力がアップし、計算力もアップしました。

これも意識の仕方を変えることで、

結果が大きく変わる一つの例です。

 

どんな分野においても、

トップになる人そうでない人がいます。

 

では、抜きん出た結果を出した人

そこまでいけなかった人は、そんなに

能力に差があったのかと言うと、

おそらくそうではありません。

 

能力の差はわずかですが、

それよりも意識の差が大きいです。

 

たとえば、野球のメジャーリーグ

活躍している大谷翔平選手田中将大投手。

 

彼らは確かに体格に恵まれていて、

身体能力が高いのは間違いないです。

 

では、日本国内には同じレベルの

身体能力の選手がいないかと言うと、

そんなことはありません。

 

しかし、他の選手は、

大谷翔平選手や田中将大投手ほどの

成果は出せていません。

 

これは、やはり能力の差よりも、

意識の差が大きいです。

 

彼らは、どうしたら一流の選手になれるかと考えて、

それを意識した結果、頂点まで

登りつめることができたわけです。

 

ですから、今取り組んでいる分野で

上手く成果が出ていないと言う人は、

意識の向け方を変えてみることを

意識するといいでしょう。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/qfo1AAkDSbY
東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.