トピックス

宝くじは買ってはいけない

投稿日:

 

先日、私の出版の師匠でもある

鳥居祐一さんのメルマガに、

宝くじに関する話が書かれていました。

 

詳しい内容は省略しますが、

当選者が多いと言われる、

銀座の宝くじ売り場で、

長蛇の列ができていたそうです。

 

なんと、3時間待ち!

 

このメルマガを読んでいる方の中にも、

宝くじを買う人は多いと思います。

 

今回は、宝くじをテーマに考えていきます。

 

当たったらラッキーと一攫千金を

夢見る人たちがいます。

 

では、宝くじは、

果たして当たるのでしょうか?

 

年末ジャンボが当たる確率は、

2000万分の1です。

 

一生買い続けたとしても、

当たる人はほとんどいません。

 

それ以外にも、宝くじには

いろいろな数字が出ていますが、

基本的には儲からないものです。

 

わざわざ3時間かけて並んでも、

マイナスになってしまいます。

 

たとえば、時給1000円の人が

3時間働けば3000円稼げます。

 

そういう人が、

宝くじ売り場に並ぶということは、

それだけの時間を無駄なことに

使ってしまうことになります。

 

ですから、宝くじは買わない方がいいという

結論になります。

 

では、お金を増やすには

どうしたらいいでしょうか?

 

宝くじを買うよりも、確実に

お金を増やせる方法があります。

 

そのためには、

何をすればいいでしょうか

 

まずは、自分の時給を高めることです。

 

そのためには、

自分の能力をアップする必要があります。

 

そして、能力が上がれば生産性が上がり

自分の価値を高めることができます。

 

単純に考えて、同じ事務作業でも、

2倍のスピードでこなせれば、

2倍の給料もらえることになります。

 

そうなると、経営者に高く評価してもらえて、

時給も上がってきます。

 

ただし、作業効率が上がるだけでは、

それ以上に価値を高めることは困難です。

 

その次に必要になるのは、

差別化です。

 

自分の得意分野で勝負できれば、

より多くの価値を提供することができます。

 

たとえば、スポーツトレーナーとして

長年仕事をしてきたとします。

 

その知識や経験が豊富であれば、

それを活かすことで、

より多くの収入を得られる

可能性があります。

 

また、建設関係の仕事を長年してきて、

建築士の免許を持っているとします。

 

そういった資格などを活かして、

より多くの収入を得ることが可能です。

 

ただし、自分の能力を高めて効率を上げても、

それだけではいずれ頭打ちになります。

 

さらに生産性を上げるためには、

仕組みづくりが必要です。

 

自分以外の人に業を手伝ってもらうことで、

生産性が上がります。

 

もちろん、他の人に任せるだけでなく、

インターネットを活用するなど、

いろいろなやり方があります。

 

いずれにしても仕組みづくりは必要です。

 

たとえば、あなたに比べれば

8割ぐらいしか仕事ができない人がいたとします。

 

それでも、その人に仕事を任せれば

1.8人分になります。

 

そういう人がもう1人いれば2.6人分になり、

どんどん生産性が上がっていきます。

 

こういったことを意識して、

仕組みづくりを行なえば、さらに

収入を上げることが可能になります。

 

では、収入が増えたら

次は何をすればいいでしょうか?

 

収入がある程度増えて、

お金が貯まったら投資を考えましょう。

 

投資をする上でのポイントは、

2つあります。

 

まず1つめのポイントは、

安定した収入が得られるかどうか

ということです。

 

そして、もう1つのポイントは、

コントロールできるかどうかです。

 

この2つのポイントを満たす、

不動産投資がオススメです。

 

不動産投資と言っても

いろいろな種類があるので、

全部が全部オススメではありません。

 

しかし、正しい知識を身につければ、

ほとんどのリスクをコントロールでき、

安定した収入を得ることができます。

 

 

ただ、中には、

「不動産投資はハードルが高い」

と言う人もいるかもしれません。

 

そういう人には、比較的コントロールしやすい、

ドルコスト平均法がオススメです。

 

インターネットで調べると、

いろいろな情報が見つかるので、

参考にしてみてください。

 

アメリカの株式市場は、

ニューヨークダウナスダックなど、

いくつかあります。

 

これらの過去の歴史を見ると、

波はあるものの、ずっと右肩上がりです。

 

ちなみに、ニューヨークダウは

現在3万ドルぐらいになっていますが

4年前、トランプ大統領が当選した頃は、

2万ドルを超えていませんでした。

 

それが、今は3万ドルを超えている

ということは、じつに1万ドル以上

増えているということです。

 

こういったものにコツコツ投資していれば

お金は自然に増えていくのですが、

それを仕組み化したのが、

ドルコスト平均法ということになります。

 

お金を増やすためには、

こういった投資を考えた方が、

宝くじを買うよりも、よほど確実です。

 

なぜか稼げない人ほど

一攫千金を夢見がちですが、

それはやめた方がいいです。

 

まずは自分が稼げるようになり、

その次に投資を考える方が、

確実にお金を増やすことができます。

 

投資は、すぐに結果が出るものではありませんが、

先を見越して考えていくことがオススメです。

 

コロナで先が見えない時代ですが、

このような時こそコントロールできることに

投資することが大切です。

 

よろしければ動画も

ぜひご覧になって下さい。     

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/873jbjN2wwU

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.