トピックス ブログ

口で呼吸しないで、鼻で呼吸しなさい

更新日:

昨年の11月にハワイに長期滞在していた時のことです。

151216_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハワイカイにある回転すし屋にふらっと入ったところ、
頭の◯そうな、
日本人留学生の女性が2人で食事をしていました。

そのうちの一人が、しきりに携帯をいじっています。

そして、
「今さあ、お母さんからメールが来てえ〜、
口で呼吸しないで鼻で呼吸しなさいだって!」


と言ったのです。

それを聞いていた私は、
「おお、これは今井一彰先生の、あいうべ体操&鼻呼吸の話ではないか!?」

とすぐにピンと来ました。

http://mirai-iryou.com/mc_aiube.html

今をときめく今井先生

すでに1年前に、その噂はハワイまで伝わっていたのです(笑)。

ところで、受験生から、

「受験が近づいているので、
風邪を引かないためにはどうしたら良いですか?」

といった質問をよく受けます。

151216_2

 

 

 

 

 

 

 

私自身は、ほとんど風邪を引きません。
実は、私なりに注意しているポイントがいくつかあるので、
それをご紹介したいと思います。

検証したわけではありませんが、
科学的にもほぼ正しいものと考えています。

まず、既に熱が出ている場合ですが、

39度前後の高熱が出る場合はインフルエンザの可能性があるため、
すぐに病院に行った方が良いです。

インフルエンザの治療薬も、若干怪しい面はありますが、
一応効果はあるとされています。

次に、もっと軽い場合ですが、気をつけるポイントは、
体温を下げないことです。

体温が下がると免疫力が低下します。

そして、多くの人が誤解しているのは、
具合が悪い時は寝たほうが良い
と思っていることです。

実は、眠っている時は体温が下がるので、要注意なのです。

不用意に眠ると、免疫力が低下して、
風邪を悪化させる恐れがあります。

ですから、夜眠る場合は、体温が下がらないよう、
エアコンで室温を保ち、衣服も少し厚めにし、
寝相が悪くて、布団をはいでしまっても、
体が冷えないようにしておく方が良いです。

したがって、
ちょっとぐらいの発熱であれば、
寝込むよりも、逆に体を動かして循環を良くした方
が体温が上がる
ので良いのです。

私の場合は、「風邪っぽいな」と思ったら、
ジョギングしたり、加圧をやる
ようにしています。

次に予防です。

風邪はウィルスですので、予防のために、
満員電車や人混みは避ける
マスクをするということも重要です。

夜寝る時は、さきほどのやり方の他に、
部屋が乾燥しないよう、加湿器を使うのも良いと思います。

そして、もう一つ、とても重要なポイントは、
先ほどの鼻呼吸です。

鼻は空気のフィルターのような役目を果たしますし、
口腔内の乾燥も防ぐので、風邪の予防に有効だと言われています。

実際、今井先生のあいうべ体操で、
インフルエンザの罹患率が激減した
というデータもあるそうです。

1151216_3

 

 

 

 

 

 

 

 

受験生に限らず、大人も、風邪を引いてしまうと、
集中力が低下してしまいます。

このような工夫を取り入れることは、
結局パフォーマンス維持につながるので、
検討する価値がおおいにあると思います。

 

 

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.