トピックス

飛行機の中での時間を有効活用する方法

投稿日:

飛行機の中での時間を有効活用する方法

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/b88UywKxn9U

 

 私はよく日本とハワイを行き来します。

 

ハワイから日本に戻る時は、

だいたい8〜9時間かかります。

 

この便は、日本が昼間の時間帯に飛ぶことが多く、

特に平日だとビジネスのやりとりが発生します。

 

最近は、機内でもインターネットがつながるので、

メールやチャットワークなどで

やり取りをすることが可能になりました。

 

ハワイに観光旅行に行く方は、

この長時間のフライトでお酒を飲んだり、

映画を観たり、俗に言う、時間をつぶすという

使い方をする人が多いです。

 

ただ、仕事で飛行機に乗る場合は、

そういった時間の使い方はもったいないので、

もっと有効に使った方がいいです。

 

 

では、どうすれば飛行機に乗っている時間を

有効活用できるでしょうか?

 

ここで有効なのは、何度かご紹介している、

ポモドーロ・テクニックです。

 

ポモドーロ・テクニックを簡単に説明すると、

25分間仕事をして、5分間休憩をし、

また25分間仕事をして、5分休憩をする

といったサイクルを繰り返すものです。

 

この5分の休憩の間にトイレに行ったり、

目が疲れる場合は、目の周囲の

マッサージをして血行を良くしたり、

簡単なストレッチをしたり、短い仮眠を取ったり、

さまざまな使い方ができます

 

試して頂けば分かると思いますが、

疲労を溜めずに、集中力を維持することが可能です。

 

ポモドーロ・テクニックの最大の利点は何かと言うと、

疲労が蓄積する前に休むことです。

 

これは意外とできそうでできません。

よくあるパターンは、ずっと作業を続けて、

疲れ切ってから休むというものです。

これでは集中力を維持できません。

 

しかし、ポモドーロ・テクニックでは、

疲れる前に休憩を取ることで

作業効率を落とさずに仕事を続けることができます。

ここがポモドーロ・テクニックの優れた点です。

 

飛行機の中でこのようなことをしている人は

あまりいないと思いますが、

移動時間を有効に使いたいと言う方は

ぜひ試してみてください。

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.