トピックス ブログ

原稿は、いつから書き始めればよいか?

更新日:

原稿は何時から書き始めればよいか?

初めて本を出す人の場合、

一般的な出版の手順としては、

まず、出版社に企画書を提出し、
出版社の企画会議でOKをもらって、

それからいよいよ執筆と言うことになります。

160721_1

しかし、本気で出版したい人は、
そんな悠長なことをしていてはいけません。

出版の可能性を高めるためには、

出版が決まる前から、

原稿書き始めた方が良いです。


実際、私の場合、出版の企画が決まる前から、

ダイエット及び受験関係の本の原稿を書き始めていました。

なぜこのようなことをしたかというと、

理由は主に2つあります。

原稿書き始めることによって、

「必ず出版する」と言う本気度が上がります。

また、出版社側から見れば、

「この人は、十分原稿が書ける人だ」

と言う判断材料にもなるのです。

そんなことをするのは、大変だと思うかもしれませんが、

工夫次第でいくらでもやり方はあります。

かしこまって、原稿として書かなくても、

ブログやメルマガの記事の一部として、

毎日書いていくと言う方法もあります。

実際、ブログやメルマガの記事が出版社の目に留まって、

出版につながったと言う人もたくさんいますから、

意識して書いていれば、なおさら確率は高まるでしょう。

毎日コツコツ書き溜めていけば、

あっという間に、本一冊分の分量になります。

160721_2

そこまでできる人は、いつでも出版態勢OKとも言えます。

また、

「継続は力なり」といいますが、

毎日続けていくことで、文章を書くスキルも向上していきます。

ですから、出版を視野に入れている人は、

どのような形でも良いので、

今日から原稿書き始めてみましょう。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.