トピックス

才能を伸ばすたった1つの方法

投稿日:

才能を伸ばすたった1つの方法

新しいYouTubeチャンネルを始めました。

YouTubeのコメント欄に質問をして頂けば、

私が直接お答えします。ぜひご覧になって下さい。   

↓   ↓   ↓

https://youtu.be/IBrThGxVv3k

 

日本社会では、画一的なものが好まれます。

 

なぜか皆が皆同じことをするのがいい

とされているのです。

 

たとえば、満員電車に乗ることもそうです。

辛くても皆がしていることは、自分も

しなくてはいけないという心理が働いているのです。

 

最近は、子どもの運動会でも、

順位をつけない徒競走があり、

全員で一緒にゴールするなどということもあるようです。

 

これは、他の国では見られない、

きわめて特殊な現象です。

 

このような社会では、

自分の能力を発揮することが

難しくなってしまいます。

 

その理由について、

お伝えしていきたいと思います。

 

個人の能力には、さまざまな能力があります。

 

ある分野では劣っていても、

ある分野では優れているという人も多いです。

 

しかし、日本の画一的な文化の中では、

それがなかなか受け入れられません。

 

 

上の画像のように、どの分野においても

優れていることを求められるのです。

 

しかし、人間にはさまざまな能力があるので、

ひとつでも優れた部分があれば、

それを伸ばせばいいのです。

 

それにも関わらず、多くの人が

優れた部分ではなく、劣った部分に

目がいってしまいがちです。

 

 

これが、日本の根深い問題です。

 

また、日本には「出る杭は打たれる」という

ことわざもあります。

 

人と違ったことをしたり、

飛び抜けた成果を出したりすると、

周囲の人から妬まれるというのも日本社会の特徴です。

 

こういった特徴や背景があるために、

「目立ったことをしてはいけない」という

考え方をしてしまう人もいます。

 

こういった標準的、一的でいることを

要求される特殊な日本の文化にいると、

なかなか才能を伸ばしていくことはできないのです。

 

明日も引き続き、

この問題についてお伝えしていきます。

 

それは、子どもについても

同じことが言えます。

 

たとえば、勉強はあまりできないが、

スポーツは得意という子どもがいるとします。

 

こういう場合、スポーツができることを

褒めてあげればいいのですが、大抵は悪い方に目がいって、

「なんだ、こんなにできないのか」などと言ってしまいがちです。

 

勉強も同様です。

国語、算数、社会、理科とある中で、

算数がすごくできていても、他の科目が悪ければ、

悪いところについて怒られるといったことが多いです。

 

子どもは、ダメ出しされ続けると、

自己評価が下がってしまいます。

 

結果として、悪かった部分だけでなく、

全体的に能力が下がってしまうという現象が起きます。

 

自己評価が下がって自信を失ってしまい、

才能を伸ばせなくなってしまうのです。

 

では、子どもの才能を伸ばしたい場合には、

どうしたらいいかと言うと、

その逆のことをすればいいのです。

 

つまり優れた部分を褒めてあげて、

さらに、その部分が伸びるようにサポートするということです。

 

 

そうすれば、自己評価とセルフイメージが上がり、

優れた部分が伸びるのはもちろん、

他の分野も伸びていく現象が起きます。

 

 

このように、褒めるか、悪い点をけなすかによって、

全く逆の結果に結びついてしまうのです。

 

子どもの才能を伸ばしたいと言う人は、

こういったことを常に意識して接するとよいでしょう。

 

日本の社会では、良いところよりも

悪いところばかり指摘される風潮があります。

 

このような社会では、

自分の才能に気づけない人多いです。

 

ただ、そういった社会の影響だけではなく、

自分自身が長年やっていることは、

才能であることに気がつかない場合もあります。

 

たとえば、剣道をやっているAさんという人がいるとします。

 

Aさんは、かなりの腕前です。

しかし、Aさんの周囲にいるBさんや

CさんはAさんよりも上手いです。

 

すると、Aさんは

「自分なんて大したことないや」と思ってしまうのです。

 

確かに、相対的な評価としてはAさんは、

BさんとCさんに負けています。

しかし、絶対的な評価で見れば

Aさんも優れているのです。

 

それなのに、Aさん自身は

そういったことに気づいていません。

 

このような現象は、しばしば起こります。

 

Aさんの周りに、レベルの低い人がたくさんいれば、

Aさんも「自分はすごいんだということが分かります。

 

しかし、周りにレベルの高い人ばかりいると、

なかなか自分の才能に気がつかないのです。

 

もしも、Aさんが自身の才能に気づくことができれば、

その強みを活かして、剣道初心者に

剣道を教えるといったことも可能です。

 

このように、自分の強みに気づいていない人

大勢います。

 

私の講座では、自分の強みを見つける

ワークもしています。

 

ご興味のある方は、ぜひ説明会にご参加ください。

   ↓   ↓   ↓

http://g-publishing.net/lp/36193/835913/

 

 

よろしければ、動画もぜひご覧になって下さい。 

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/IBrThGxVv3k

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.