トピックス ブログ

「第一印象は6秒で決まる」は嘘だった!

更新日:

第一印象は6秒で決まる。

こんな言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

160210_1

 

 

 

 

 

 

相手の印象を決める情報として、

視覚情報、聴覚情報、言語情報の順で

信用性の度合いが高いと言われています。

160210_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「第1印象に縛られるな!」Nanaブックスより

これは、「メラビアンの法則」と呼ばれ、

アメリカUCLA大学の心理学者、

アルバート・メラビアンが
1971年に提唱した研究に基づくと言われています。

ところが、この「メラビアンの法則」は、

かなり誤解されて伝わっていたようです。

そもそもこの実験は、
第一印象を検証したものではなかったのです。

この実験は、

「人は矛盾した情報が与えられたとき、
聞き手は話し手のどこに注目して受け止めているのか」

を調べたものだったのです。

実験は具体的には、以下のように行われました。

1.笑顔の写真を見てもらいながら… →見た目

2.怒気を含んだ声色がスピーカーから流れてくる。→雰囲気

3.「ありがとう」という単語を流してくる。→言葉の意味

写真と音声を聞きながら行ったこの実験では、

言葉の意味よりも、

視覚や聴覚の影響が大きくなるのは当然だったのです。

例えば、警察での取り調べの場面で、

「嘘をついているか?」という質問に答える相手が、

うつむいて、震えた声で、
「いいえ、嘘はついていません」と言っても、

誰も信じないのと同じです。

160210_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、メラビアンが提唱したこの研究は、

同じ情報でも、見た目の印象や聞こえてくる感じ方によって、

受け取り方が違ってくるということを

検証したものだったのです。

ですから、第1印象を測るものでも、

言葉の重要性を否定するものでもなかったのです。

ということは、

やはり、言葉が占めるウェイトは大きいものであり、

その効果を最大限発揮するためには、…


視覚情報、つまり、見た目の印象と、

聴覚情報、つまり声の印象、

そして言葉の意味合いが、

すべて一致したときに、

相手に伝えるメッセージは最大限に強力なものになる


ということです。

例えば、セールスマンが、

自分の商品を、自信のなさそうな顔で、

か細い声で説明しても、

相手は買う気にはなりません。

学校や職場で、いじめられやすい人と言うのが存在しますが、

このような人は、いじめられた時に、

どんどん弱気な態度を示してしまうので、

相手は逆に、強気になるという悪循環に陥ってしまうのです。

このように、交渉やコミニュケーションを円滑に行うためには、

言葉だけでなく、視覚や聴覚など、

いわゆる「非言語情報」ををうまく活用することが、

重要なポイントとなるのです。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.