トピックス

冬のトレーニングはなぜ面倒くさい?

投稿日:

冬のトレーニングはなぜ面倒くさい?

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/wh1zndRriTQ 

 

先日のメルマガでも書きましたが、

ここのところ、短時間の朝ランを試しています。

 

これがなかなか効果的で、

頭もスッキリして仕事も捗っています。

 

冬場は寒いこともあり

外でジョギングをしようとしても、

挫折してしまう人が多いです。

 

なぜ長続きしないのでしょうか?

 

その原因は、ズバリ、ワーキングメモリーに

負荷がかかることに原因があります。

 

ワーキングメモリーについては、

私のメルマガで頻繁に取り上げているので、

ご存知の方も多いと思います。

 

簡単に説明すると、ワーキングメモリーとは、

脳がいろいろ段取りを組む能力のことです。

 

脳は短期記憶、つまり短期間物を覚えておいて、

それをやりくりすることが苦手です。

 

そのため、ワーキングメモリーに

負荷がかかり過ぎてしまうのです。

 

また、日本の冬の場合、日によって

気候や温度に差があります。

「今日は何を着ていこうか?」などど

その都度考えなくてはなりません。

 

こういったことを考える時に、

ワーキングメモリーに負荷がかかります。

言い換えればストレスになるわけです。

人間は面倒くさいことはやりたがりません。

 

脳に負荷がかかることは、

無意識のうちに面倒だと感じるので、

どうしても長続きしないのです。

 

今、私が実践しているように、

徒歩2、3分で着くような近所のジムであれば、

「今日は比較的暖かいから、この格好をしよう」とか、

「今日は寒いからこの格好じゃないと、、、

といったことを、あまり気にする必要がありません。

 

一定の服装で、

すぐに出ていくことが可能です。

 

こういった形であれば、

あまり面倒臭く感じません。

 

行動しやすくするためには、

脳に負荷をかけないことが重要です。

 

そのためにはステップ、

つまり手順をなるべく減らすことが

ポイントになります。

 

とは言え、このステップを0や1にする

といったことは難しいです。

 

細かいステップがたくさんあるので、

極力面倒臭がらずに、素早くこなすためには、

私のパーフェクトブレインで提唱している

ステップ集中がお勧めです。

ステップ集中は、瞬時に意識を切り替えて、

集中力を高めることが可能です。

 

これらを組み合わせると、

朝のジョギングなどの習慣も

継続しやすくなります。

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.