トピックス

キャズムを越える

投稿日:

キャズムを越える

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/MCz8IsxCE4I  

 

5年前の今頃、私は

ハワイにロングステイをしました。

滞在したのはハワイカイと言って、

オアフ島の東寄りのところにある高級住宅街です。

 

近くに回転寿司屋があり、

ある時、そこに食べに行きました。

 

中に入ると、日本人女性の留学生2人、

お寿司を食べていました。

 

そのうちの1人が携帯をいじって、

メールをチェックしてました。

 

そして突然、

「お母さんからメールがきたんだけど

『寝る時は口じゃなくて鼻で呼吸をしなさい』だってさ」

と話しているのが聞こえてきました。

 

その当時、鼻呼吸をすることの重要性は、

あまり知られていませんでした。

 

鼻呼吸(はなこきゅう)は

鼻呼吸(びこきゅう)とも言いますが、

その発信源は今井一彰先生です。

今井先生は鼻呼吸を推奨し、

たくさんの本を出したり、

テレビにも頻繁に出演しています。

 

私も当時から寝る時の

鼻呼吸を実践していました。

 

私は元々喘息があるのですが、

寝る時に鼻呼吸をすることで、

冬場の喘息発作が出なくなりました。

 

鼻呼吸については、以前にも書いたので

詳細は省略しますが、健康のために

とても有効です

 

先日、この今井一彰先生が

加圧トレーニング学会で

キャズム理論という話をされました。

 

ちなみにキャズムとは溝という意味です。

 

キャズム理論とは、

導入期で成功した製品が、成長期において

様々な制約条件に負けて

溝(キャズム)に落ちて消えていく

という現象を捉え、キャズムを

乗り越えるためのマーケティングアプローチ

示した理論です。

 

キャズム理論を図にしてみると、

下記のようになります。

製品が普及する段階で、

深い溝があるのですが、

ここを乗り越えられないと

新しい製品は普及できません。

 

このキャズムを乗り越えるために

さまざまな工夫をしていたのです。

 

そして、回転寿司で留学生の話を聞いた時から

5年が経ちました。

 

今ではインターネットでも薬局でも、

たくさんの鼻呼吸用テープが

販売されています。

場合によっては、売り切れになるほどです。

 

このまま行けば、

キャズムを越えていけるだろう

私は考えています。

 

これと同じように、私は

加圧トレーニング20年近く研究し、

普及に努めていますが、まだまだ

キャズムを越えるところには至っていません。

 

先日の学会で、このことについて

今井先生も話していましたが、

私も加圧トレーニングの普及のために、

これからも全力を注いでいきたい思っています。

 

来春には、新しいプロジェクトを

立ち上げる予定です。

楽しみにお待ちください。

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.