トピックス ブログ

雑念はどこから湧いてくるのか?

投稿日:

集中しようとしても、雑念が湧いてしまう。
どうしたら良いでしょうか?

このような質問を受けることがあります。

私達の脳は、

左側の脳・左脳と
右側の脳・右脳


から成っています。
そして、左右の脳は、
脳梁という繊維の束でつながっています。

151005_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、雑念が湧くのかというと、
私達の脳は、
右と左で別々なことを考えているからなのです。

かつて、てんかんの治療のために、
この脳梁を切断する手術が行われていました。

てんかんというのは、
脳の中に余計な電気信号が広がってしまう病気です。

その結果、

体のコントロールが利かなくなり、
体がビクビク痙攣したり、
呼吸が止まってしまう怖い病気です。

その余計な電気が広がらないように、
左右の架け橋である脳梁を切断したのです。

こうして、

左右の脳の連携がなくなった人に
どのような現象が起きるのか実験が行われました。

被験者(実験を受ける人)に、
画面の中心を見てもらい、
その左右に出てきた文字や絵を答えてもらう実験です。

脳神経は交差しているので、
中心より右側の情報は左脳に入ります。

151005_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左脳は、言語中枢と呼ばれ、
言葉を管理しているので、
被験者は「car」と答えられます。

151005_3

 

 

 

 

 

 

 

次に、

中心より左に提示された文字や絵は、
右脳
に入ります。

右脳は、非言語中枢で、
言葉ではなく、絵などのイメージを司っています。

こちらに文字情報が入った場合は、
被験者は答えることができません。

151005_4

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

左手を使って、
その文字が表すイメージを描くことはできるのです。

こうした実験から、
左右の脳が別々なことを考えていることがわかって来ました。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。
https://youtu.be/VqNkoiScY2E

ふだん私達の脳は、
左右で情報の伝達をし、
整合性を保っているので、
このようなことに気づかないのですが、

実は、

左右は別々な考えを持っているため、
集中しようとしても雑念が湧く
ことがあるのです。

「あーでもないこーでもない」と
脳の中で雑念が聞こえてきたら、
それはおそらく「左脳」が余計なことを考えている状態です。

なぜなら、言葉を司っているのは、
一般的に左脳だからです。

こうした雑念を抑えて、いかに集中するか

その方法こそ、

パーフェクトブレインの中で紹介しているステップ集中なのです。

 

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.