トピックス

ダイエット よくある勘違い トップ3

投稿日:

ダイエット よくある勘違い トップ3

ダイエットをしたいのに、

上手くいかないと言う人が多いです。

 

私は、今まで何千人という人に

ダイエットの指導をしてきました。

 

しかし、世の中には

さまざまなダイエット法が出回っているため、

間違ったやり方をしてしまっている人

たくさんいます。

 

そこで、今回は、ダイエットのよくある誤解や

勘違いについて、考えてみたいと思います。

 

まず、第3位は、

カロリーを減らせば痩せられるというものです。

 

これは大きな勘違いです。

 

痩せる=体重を減らすと考えている人が多いのですが、

ダイエットは単に体重が減ればいい

というものではありません。

 

カロリーを減らせば脂肪は減りますが、

筋肉も減ってしまいます。

 

見かけの体重は減るので、

それでぬか喜びしてしまう人が多いのですが、

それは間違いです。

 

体重を減らすのではなく、

なるべく筋肉を維持しながら余分な脂肪を減らす

というのが、ダイエットです。

 

つまり、単にカロリー摂取を抑えるのではなく、

大事な栄養素は摂る必要があるのです。

 

では、大事な栄養素とは何かと言うと、

私たちの体を作るタンパク質

私たちの体調を整えるビタミンやミネラルです。

 

これら3つの栄養素を、

しっかり摂る必要があります。

 

ちなみに、炭水化物や脂質も、

5大栄養素の中に含まれているのですが、

この2つは摂りすぎる傾向があるので、

意識して摂らなくても大丈夫というのが私の指導法です。

 

このように、単にカロリーを抑えるだけでは、

大事な栄養素が不足してしまいます。

 

タンパク質が不足すると、

筋肉が落ちてしまいます。

 

ビタミンやミネラルが不足すると、

体調が悪くなってしまいます。

 

たまに、カップラーメンだけを

食べる人もいますが、これは最悪です。

 

カップラーメンを食べるぐらいなら、

何も食べない方が良いぐらいです。

 

カップラーメン1食は、

約400キロカロリーぐらいあります。

成分表示を見ると、

一部のビタミンを除いて

明らかに栄養素が不足しています。

 

ナトリウムだけは多く含まれていますが、

ナトリウム=塩分です。

 

つまり、塩分だけが1食あたり

6gも入っていることになります。

 

たとえば、これを1日3食食べれば、

18gも塩分を摂ることになってしまいます。

これは、絶対やめた方がいいです。

 

結論としては、筋肉と体調を維持するためには、

全体のカロリーは抑えつつ、

タンパク質やビタミン、ミネラルを

しっかり摂ることが必要ということになります。

 

 

そして、よくあるダイエットの勘違い2位は、

糖質を制限すれば痩せられるということです。

 

これは、ほぼ正解ですが、

100点満点ではありません。

 

私たちの周りには、糖質を含んだ

食品がたくさんあります。

 

一般的な食事では、炭水化物は

全体の6割ぐらいのバランスで摂るように

推奨されています。

 

しかし、糖質は、ご飯など意識して摂るもの以外にも、

たくさん含まれています。

 

ですから、積極的に摂ろうとすると、

摂りすぎてしまうのです。

 

そのような理由から、私の食事指導では、

糖質は控えるようにお伝えしています。

 

ただし、糖質を控えれば完璧かと言うと、

そうでもありません。

 

糖質を摂ると何が起こるかと言うと、

血糖値が急上昇します。

 

血糖値が急上昇すると、

インスリンが大量に分泌されます。

 

そして、その糖分が脂肪となって

蓄えられてしまいます。

 

ここでポイントになるのは、

インスリンの分泌です。

 

インスリンとは、単に血糖を下げるだけの

ホルモンではありません。

 

簡単に言うと、栄養分を体に蓄える方向に

働くホルモンです。

 

ちなみに、ホルモンには、

異化ホルモンと同化ホルモンの2種類があります。

 

このインスリンは同化ホルモンです。

 

インスリンが大量に分泌されればされるほど、

栄養素を体内に蓄えるため、

結果的に太りやすくなってしまうのです。

 

また、問題点は、糖質以外の

栄養素でも血糖値は上がるということです。

 

つまり、タンパク質や脂質を摂っても

血糖値は上がります。

 

その都度、インスリンが分泌されて、

栄養分が体内に蓄えられます。

 

ですから、インスリンをなるべく

出さないようにすることが、

ダイエットのポイントになります。

 

糖質は、特にインスリンが出るので

控えた方がいいのですが、

それは糖質だけ制限すればいい

ということではありません。

 

全てをバランス良く摂る必要があるのです。

 

よくある誤解の第1位は、

筋トレすれば痩せられるという誤解です。

 

トレーニングジムなどで、

筋トレや運動をすれば痩せられる

と思っている人が多いです。

 

しかし、実はこれは

半分正解、半分不正解です。

 

運動でカロリーをたくさん消費すれば、

痩せられるイメージなのかと思いますが、

決してそうではありません。

 

運動でもカロリーは消費しますが、

1日トータルで考えると

筋トレの時間以外の

カロリー消費量の方が多いです。

 

このように、積極的な運動以外の

カロリー消費のことを、非運動性熱産生

(Non Exercise Activity Thermogenesis)

と言います。

 

略してニート(NEAT)で、

引きこもりのニート(NEET)とは違います。

 

実は、この運動以外のカロリー消費が、

ダイエットに大きく影響します。

 

実際に、じっとしている時よりも、

動いている時の方がカロリーを

消費するというデータもあります。

 

 

上の表では、太っている人より、

太っていない人の方が、1日の中で

イスに座っている時間が短いことが分かります。

 

運動でカロリーを消費するよりも、

こまめに動く方が、1日トータルでは、

カロリーをたくさん消費することになります。

 

だからと言って、運動が無駄なわけではありません。

筋トレをして、筋肉量が増えれば、

代謝がアップします。

 

また、私がいつもオススメしているように、

朝軽くジョギングすると、

その日1日、代謝がアップします。

これを、アフターバーン効果と言います。

こういったものを組み合わせることで

効率良くカロリーを消費できます。

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.