トピックス

プレゼン資料を10倍速で作る方法

投稿日:

プレゼン資料を10倍速で作る方法

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/rbIisKbt2Fs


プレゼンテーションと言えば、

パワーポイント使うのが定番になっています。

 

しかし、それが本当に良いのでしょうか?

今回は、それについて検証していきたいと思います。

 

パワーポイントを使ったプレゼンテーションにも、

当然メリットとデメリットがあります。

 

メリットとしては、きれいなスライドを作成できるので、

見栄えを良くすることができます。

 

いろいろな画像やアニメーションを使って、

インパクトを強めることが可能です。

 

では、デメリットは何があるかと言うと、

見栄えを良くするために、

時間がかかるということです。

 

もう1つのデメリットとしては、

スライドの枚数が多いと全体の構成が把握しづらい

ということが挙げられます。

 

いきなりスライドを作ろうとしても

なかなか頭が整理できず、時間がかかってしまいます。

 

では、この全体を把握するのには

どうしたら良いでしょうか?

 

それには、

マインドマップを使うのがお勧めです。

私は以前から、スライドを作る時はもちろん、

何か文章を作る時にも、マインドマップを

活用する方法を提唱しています。

 

スライドを作る時は、マインドマップで項目を作成して、

パワーポイントに変換し、そこから見栄えを良くする

という手順になります。

 

今、私が使っているソフトは

iThoughtsというソフトです。

 

https://apps.apple.com/jp/app/ithoughts-mindmap/id866786833

 

 

これは、マインドマップをそのまま

パワーポイントにすることができて大変便利です。

 

しかし、そもそもスライドの見栄えと

内容の良さというのは一致しないのです。

見栄えが良ければ内容が良くなるわけではありません。

むしろ、全く関係ないとも言えます。

 

極端な話、スライドを用いずに講演をする人もいます。

しかし、内容さえ良ければ、

その良さは聴く人に伝わるのです。

 

見栄えを良くしなくてもいいのであれば、

マインドマップをそのまま使って

プレゼンしてもいいのではないか?

という発想が湧きます。

 

先ほど挙げた、iThoughtsは

マインドマップも作れます。

文字だけでなく、画像を取り込むことも可能です。

拡大・縮小も簡単にできます。

 

このマインドマップでそのままプレゼンをすれば、

パワーポイント作成の手間がなくなります。

 

つまり、資料作成時間を

大幅に削減することが可能になります。

上手くすれば、今までの十分の一ぐらいの時間で済みます。

 

そうなると、資料作成時間が

10倍速になると言っても過言ではありません。

 

今後は、こういったやり方を

増やしていきたいと考えています。

 

詳しくは、YouTubeの動画をご覧ください。

  ↓        ↓

https://youtu.be/rbIisKbt2Fs
東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.