トピックス ブログ

無茶振りで人は進化する!

更新日:

8月11日、山の日に開催された、

立川談慶師匠と茂木健一郎先生のトークショーに参加してきました。

160814_1

開催場所は、長野県上田市。

立川談慶師匠の故郷です。

私は上田市に初めて訪れましたが、

東京よりも涼しくて、空気も澄んでいて、

とても良い場所でした。

160814_2

この日の、2人のトークでも話題になったのが、

無茶振り理論です。

立川談志師匠の下、

9年半という長い下積みを積んだ談慶師匠。

その間、談志師匠から数々の無茶振りを受けてきたそうです。

例えば、夜中の3時に突然電話がかかってきて、

「今から来て、ほうれん草を茹でてくれ」と言われたり、

またある時は、

やはり突然電話がかかってきて

「明日東京に帰るから迎えに来てくれ」と言われたり、、、、。

「明日帰る」と言う情報だけで、

どうやって談志師匠の居所を突き止めたのか?

無茶振りに応えた、

談慶師匠の推理力・洞察力も素晴らしいものがあります。

詳しい内容は、落語会の時に話が出ると思いますので、

伏せておきたいと思います。

さて、
この無茶ぶりというのは、医学的には、どのように捉えられるでしょうか?

これは、言わばストレスです。

通常、ストレスは、悪者だと考えられていますが、

適度なストレスとそれに抵抗する行動がなければ、

人間の体は進化しません。

スポーツでも、

「これはちょっと無理?」

と思えるような負荷、つまりストレスをかけなければ、

パフォーマンスは向上しません。

茂木健一郎先生によると、

かつて、オリンピックの女子フルマラソンで、

2大会連続でメダルを獲得した有森裕子選手も、

現役時代、小出義雄監督から、

かなりの無茶振りをされていたそうです。
http://lineblog.me/mogikenichiro/

たとえば、30キロ走ったあとに、

1万メートル(10キロ)のタイムトライアルをやる!?

といった感じで(笑)。

それに耐えられない選手は辞めていき、

無茶振りに耐えた有森裕子選手はメダリストになったわけです。

9年半の無茶振りで鍛えぬかれた、

立川談慶師匠の話術、そしてコミュニケーション術。


160814_3

4月に開催したセミナーでも大好評でしたが、

それを受けて、

近々教材として発売予定です。

楽しみにお待ち下さい。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.