トピックス ブログ

戦後70年。なぜ日本の教育は変わらないのか?!

投稿日:

今年、日本は、第二次世界大戦から70年という、
一つの大きな節目を迎えました。 

この間に、世界は大きく変わりました。 
日本を中心に考えても、
いろいろな変化がありました。 

戦後の日本の急速な経済成長 。
これがずっと続くかと思われた矢先のバブル崩壊。 
そして、失われた20年

世界第2位の座を中国に明け渡し、
今や、東南アジアの諸国も急成長し、 
いずれは日本を追い抜きそうな勢いです。 

こうした中で、
私が常々疑問に思っていることがあります。 

なぜ、日本の教育は変わらないのか? 

150817_1

 

 

 

 

 

 

30年以上前に私が学校で勉強した内容と、 
今の子どもたちが教わっている内容は、
ほとんど同じです。 

科学がこれだけ進歩しているのに、
18歳までの貴重な時期に
ガラパゴス化した勉強しかしなくて良いのでしょうか? 

私が思い描いていた近未来はこうです。 

小学校で微分積分なんて当たり前。

「お父さんたちって、
高3にならないと微分とか教えてもらえなかったんだって、 
小学校の時は、
つるかめ算とかいう、
変なのやってたらしいよ。 」

「へーそうなんだ。
信じられないね~。 
かわいそうだね~ 」

そう言いながら、
コンピューターを自在に使いこなす、、、、

時代が変わり、
科学が進歩すれば、 
子ども達が学ぶ内容も
高度になって当然ではないでしょうか。 

でなければ、時代の変化についていけない。 
どんどん取り残されてしまいます。 

実際に、日本の若者の多くが、そういう状態になっています。 

教育の進化を妨げてる要因は何でしょうか。 

皆が同じ教育、
つまり画一的な教育を受けなければいけないという思想。

あるいは、
日本人に賢くなってもらうと都合が悪い人たちの存在、、、、。 

150817_2

 

 

 

 

 

 

 

などなど、いろいろな要因が考えられます。 

こうした状況の中で、
日本人が生き延びていくためには、
どうしたらよいか? 

国に期待しても、
今のシステムは急には変わらないでしょう。 

ですから、国に頼るのではなく、
自ら学び、生き延びていくしかありません。 


ユダヤ人や中国人は、
教育にとても力を入れます。 

なぜなら、それが一番リターンの大きい投資であり、 
しかも、世界中どこに行っても生きていける術となるからです。 

これからは日本の若者も、
自ら学び、日本という土地にこだわらず、
世界を舞台に生き抜いていく。 

そういう時代になっていくでしょう。 

8月30日日曜日(午後2時~5時)

お時間ございませんでしょうか?
東京都内某所にて、セミナーを行います。

参加するだけで、頭がよくなるセミナーです。

● 受験生の親御さん
● 効率的な学習方法が知りたい方
● 実践ワークで能力アップをしたい方
● 日本トップ中国トップの頭脳を知りたい方
● 自分自身の能力アップをしたい方

などなど、
頭を良くすることに興味のある方は、
是非ご参加ください。

セミナー詳細はこちら

自ら学び、生き延びて行く方法

パーフェクトブレイン

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.