トピックス

寝起きが良くなる3つの方法

投稿日:

寝起きが良くなる3つの方法

朝は1日の始まりです。

 

しかし、「スッキリ起きられない」

「寝起きが悪い」と言う人も

少なくないと思います。

 

では、どうすれば

寝起きが良くなるでしょうか。

 

私もかつて寝起きが悪かったです。

今は、起きられなくて困ることは、

ほとんどありません。

 

この経験を踏まえて、どんな方法が有効か

考えていきたいと思います。

 

寝起きが良くなる方法その1は、

朝起きた時にスマホをいじることです。

 

朝起きてもシャキとしないこともありますが、

そういった時にスマホをいじると、

目が覚めてきます。

 

「何だそれは?」という感じがするかもしれませんが、

これは科学的にも有効です。

 

スマホの画面からは光が出ています。

 

その光が目から入り、刺激となって

覚醒が促されます。

 

そうすることで、セロトニンという

ホルモンが分泌されます。

 

ちなみにセロトニンとは

神経伝達物質の1つで、

精神の安定に不可欠なホルモンです。

 

鬱の人は、このホルモンの分泌が

少ないとも言われています。

 

また、この時にスマホを見るだけではなく、

文字を入力するようにするとよいでしょう。

 

文字入力時には指を動かします。

この刺激も脳にいくので覚醒が促されます。

 

たとえば、LINEや

FBメッセンジャーなどが届いていたら、

その返信をするだけでも目が覚めてきます。

 

これは、目覚めた時にスマホを近くに

置いておくだけできます。

手軽でオススメの方法です。

 

以前からお伝えしていますが、

光る目覚まし時計はオススメです。

 

 

一般的には、音が鳴る目覚まし時計を

使っている人が多いです。

 

ご存知の通り、音が鳴る目覚まし時計は、

「ジリリリ、、、」という

不快な音が鳴ります。

 

不快な音で目覚めると、

やる気のホルモンであるドーパミンが分泌されず、

朝からやる気が低下してしまいます。

 

また、音の鳴る目覚まし時計には、

もう1つ問題点があります。

 

それは何かと言うと、

睡眠の周期を無視して鳴る

ということです。

 

睡眠には周期があります。

浅い睡眠と深い睡眠を90分間隔

繰り返しています。

 

 

深い眠りと浅い眠りを繰り返し、

だんだん浅くなって、目が覚めてくる

というサイクルです。

 

この、眠りが浅い時に目が覚めればいいのですが、

深い眠りの時に目覚ましが鳴ると

スッキリ起きることができません。

 

その点、光る目覚ましの場合

光刺激によって、徐々に眠りが浅くなり、

目が覚めてきます。

 

不快な音が鳴る目覚ましと違って、

いきなり起こされるのではなく、

自然に目覚めることができます。

 

また、この光の刺激で

セロトニンが分泌されるため、

快適に目覚めることができます

 

現在、光る目覚まし時計は、

いろいろな種類が出ているので

ぜひ一度試してみてください。

 

また、寝起きを良くする

意外な方法は何かと言うと、

加圧トレーニングをすることです。

 

私の場合、18年ほど前から、

加圧トレーニングをしています。

 

それから、さまざまな変化がありました。

 

一番大きな変化は、私は小学生の頃から

膝が痛かったのですが、

それが治ってしまったことです。

 

他にもさまざまな変化がありましたが、

そのうちの一つに、

寝付きと寝起きが良くなったことが

挙げられます。

 

自宅で眠る時も、熟睡できて、

朝もパッと起きられるようになりました。

 

それだけでなく、当直の時でも

パッと起きられるようになったのです。

 

当直の時は、少しでも眠るために、

夜、仮眠を取るのですが、

そういった時も急な呼び出しがあります。

 

熟睡中に急に呼び出されると、

なかなか起きられません。

 

しかし、加圧トレーニングを始めてから、

変化がありました。

 

ある当直の時に、夜中に呼び出されたのですが、

パッと起きられたのです。

 

「あれ、どうしたんだろう?」と思うぐらいの

変化でした

 

加圧トレーニングを始めてからは、

とにかく寝付きと寝起きが良くなったのです。

 

その理由は、まだ解明できていないのですが、

ホルモンや自律神経のバランスが良くなることが

影響していると考えられます。

 

自律神経は、

交感神経副交感神経があります。

 

交感神経は、昼間動いている時や

緊張度が高い時に優位に働きます。

 

逆に、副交感神経は夜眠っている時や

リラックスしている優位に働きます。

 

ところが、このバランスが崩れてしまうと、

いわゆる自律神経失調症になってしまいます。

 

逆に言えば、自律神経のバランスが良くなれば、

夜よく眠れて、朝はパッと起きられる

ということになります。

 

加圧トレーニングをすると、

成長ホルモンがたくさん分泌される

と言われています。

 

このような場合、一つのホルモンだけが増えて、

他のホルモンに影響がない

ということはありません。

 

たとえば、眠りを促すホルモンである

メラトニンの分泌も促進されますし、

朝起きる時に関わってくる

コルチゾールなどのホルモンの

バランスも良くなると考えられます。

 

まだ検証が必要ですが、状況から

こういった変化が起きていることが

予想されます。

 

いずれにせよ、私の経験上、

加圧トレーニングを始めてから

寝起きが良くなりました。

 

ご興味のある方はぜひ試してみてください。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/TYdvh7YA6zo

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.