トピックス

短期間の勉強で東大に受かる方法

投稿日:

短期間の勉強で東大に受かる方法

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/17hwDfVt8WA

 

加圧トレーニングには、わずか2週間で、

筋肉が約8%肥大したという研究データがあります。

 

 

通常のトレーニングは、

あまり頻繁にできないのですが、

加圧トレーニングは可能です。

 

通常の筋トレで筋肉をつけるためには

非常に重い負荷をかける必要があります。

 

ハードなトレーニングをすることで、

筋細胞が破壊されます。

この回復に時間がかかるのです。

 

そのため、週に1〜2回しかトレーニングを

できないというデメリットがあります。

 

それに対して、加圧トレーニングは

軽い負荷でトレーニングが可能です。

ですから、筋細胞が壊れることがありません。

回復時間が短く、頻繁にトレーニングをすることが可能なのです。

 

上のグラフのように、

ほぼ毎日トレーニングをすることも可能です。

 

このように、トレーニングの頻度というのは、

一度負荷をかけた後、どのぐらいの期間で

回復するかによって変わってきます。

 

 

筋トレと違い、受験勉強英会話の学習など

勉強で脳を使っても、脳細胞は壊れることはありません。

 

睡眠時間さえしっかり確保すれば、

1日に何回も学習することが可能です。

 

1日1回では1年間かかる勉強も、

1日に2回やれば半年終了することも可能です。

 

9ヶ月かかる勉強も、1日3回やれば、

たった3ヶ月で終わります。

 

このように工夫をすれば、短期間で

学力を向上させることも決して不可能ではありません。

 

このあたりを考慮して、

学習の計画やスケジュールを組むと面白いかと思います。

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.