セミナー トピックス ブログ

東大受験の狭き門

投稿日:

東大受験の狭き門

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://youtu.be/HPTx02GcJ7w 

  

高い目標を達成するためには、

GRIT、日本語にするとやり抜く力が必要になります。

 

どんなに能力があっても、このやり抜く力がなければ

高い目標は達成できないのです。

 

受験の最高峰と呼ばれている東京大学の

理科三類の定員は、100名です。

100名という数はかなり少なく、

プロ野球選手になるのと同じぐらい、

あるいはそれ以上に難しい狭き門と言えます。

 

しかも、この100名の内訳を見てみると、一流進学校である

灘高から20名、開成高から10名、桜蔭高から8名出ています。

その他に、筑波大付属駒場高からも多数の合格者が出ています。

 

一流進学校からの受験生が半数以上占めています。

 

このような一流進学校の生徒の多くが、

鉄緑会という進学塾に通っています。

この塾の出身者が、なんと理三合格者の約3分の2を占めています。

 

この鉄緑会というのは、原則として

一流進学校の人しか入れない特殊な塾です。

そこから理三合格者の約3分の2が出ているということになります。

 

そうすると、それ以外の学校の生徒は、残り30~40名の

枠を争うことになるので、さらに狭き門になります。

 

非常に狭くて険しい道を進んでいかなければならないのです。

それを達成するためにはGRIT”やり抜く力”が必要です。

 

では、このような狭き門を突破するやり抜く力とは何なのでしょうか。

 

その秘密を知りたい方が大勢いると思います。

 

いよいよ「GRIT”やり抜く力”獲得セミナー」

8月19日に開催することが決まりました。

 

近々正式に募集を開始します。

メルマガで告知するので楽しみにお待ちください。

東大ドクター森田のLINE@

-セミナー, トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.