トピックス ブログ

エネルギーレベルを安定させる技術

投稿日:

エネルギーレベルを安定させる技術

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://youtu.be/wHCW6y2ol80

 

多くの人は、1日3食食事を摂っています。

それに対して、私の場合、まとまった食事は

1日2食しか摂りません。

 

私は以前、朝から晩まで心臓カテーテルの手術をしていて、

集中力を1日中維持する必要がありました。

 

そのために食事の仕方を工夫した結果、

1日2食というパターンに落ち着いたのです。

 

では、具体的に私がどういう食事をしているかと言うと、

まず朝食はしっかり食べます。

そうしないと、エネルギーが1日もたないからです。

 

メニューはサラダや目玉焼き、焼き魚、納豆、豆腐、

ご飯、ヨーグルトなどをしっかり摂ります。

 

ここでのポイントは、GI値です。

GIはグリセミックインデックスの略です。

 

このブログでも解説しているので、詳しくはそちらをご覧ください。

簡単に説明すると、GI値とは血糖の上がりやすさの目安です。

 

血糖が急上昇するのは好ましくないので、

血糖が急上昇しない食品を先に食べることポイントになります。

 

朝起きた時には、血糖値は低くなっています。

朝食をしっかり食べると血糖値は上昇し、

その後なだらかに下降していきます。

 

このような変動パターンであれば、

1日中エネルギーレベルを維持しながら

難しい手術などに専念できます。

 

これに対して、1日3食摂っている人は、

下の図のようなパターンになります。

 

 

朝食を比較的少なめに摂る人が多いのですが、

炭水化物を摂るので、血糖値は急上昇します。

 

お昼前には血糖値一旦下がり、昼食後に再び上昇し、

その数時間後にはまた下がります。

 

これに加えて、おやつを摂るとどうなるでしょうか。

昼食後に血糖値が下がってきたタイミングで

おやつを摂ると、また血糖値は上昇します。

そして急降下します。

 

そして夕方ぐらいにはまたお腹が空いてくるという

血糖値の乱高下を繰り返すことになります。

 

 

血糖値が下がるとエネルギー不足になってしまうので、

高いパフォーマンスを維持することが

難しくなってしまいます。

 

それに対して、私のような食事のパターンであれば、

エネルギーレベルをほぼ一定に保つことができます。

 

それでも朝たくさん走った日などには、

空腹を感じることもあります。

 

そのような場合には、ソイジョイのような

低GI値のスナックを食べたりして、エネルギーを補います。

 

これによって、エネルギーレベルの低下を防ぎ、

る一定のレベルで安定させることが可能です。

 

このように食事を工夫するだけで、

エネルギーレベルを安定させることができるので、

参考にしてください。

 

****************
ブログ、HP以外にLINEメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.