セミナー

高い視点から物事を見る方法

投稿日:

高い視点から物事を見る方法

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
↓        ↓

https://youtu.be/9sjvvd0wJQg

 

「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、

部分的に物事を見ていると全体を捉えることができず、

大事な判断を誤ってしまいます。

ですから、部分だけではなく、全体を見ることが大事です。

 

全体を捉えるためには高い視点から物事を見る必要があります。

このことを俯瞰とも言います。

 

しかし、高い視点から物事を見ると言っても、

私たち人間は空を飛んだりはできません。

最近はドローンで空撮もできますが、あのような高い視点から

捉えることは難しいです。

 

では、どうすれば高い視点から見ることができるでしょうか。

 

日本全体を捉える、世界全体を捉えるためにはどうしたらよいでしょうか。

 

そのためには、実際に現地に行ってみるのが有効です。

 

 

大変なようで、これが一番手っ取り早い方法になります。

 

最初は一つの点でも、それが増えてくると、

やがてそれが線になってきます。

 

そして線が集まって、やがて面になります。

 

こうして全体を捉えることができるようにできるようになります。

 

今、日本各地でどんなことが起きているのか。

 

実際に現地に行かないと分からないことがたくさんあります。

そして、実際に見たものが積み重なると、

高い視点から全体を捉えているのと同じ状態になります。

 

これは他のことにも当てはまります。

 

実際に見てみることで視野が拓けるということがたくさんあるので、

今、皆さんがしていることにも置き換えて考えてみてください。

 

東大ドクター森田のLINE@

-セミナー

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.