トピックス ブログ

間違った歩き方が膝を痛める

更新日:

歩くときに踵から着地する人がほとんどだと思います。

しかし、実はこれは間違いなのです。

この間違った歩き方によって、

膝を悪くしている人がたくさんいます。

160218_1

 

 

 

 

 

 

 

なぜ踵から着地してはいけないかと言うと、

地面から受ける衝撃が、

直接膝に伝わってしまうからなのです。

スポーツ医学の実験によると、

つま先で着地した場合に比べ、

踵で着地した場合では倍近い衝撃が膝に加わるそうです。

これを毎日1万歩繰り返していたら、

膝や腰が受ける衝撃はかなり大きなものになります。

しかしながら、最近のシューズのほとんどは、

靴底が分厚く、特に踵が厚めになっているため、

踵からしか着地できないような構造になっています。

この方が衝撃を吸収してくれると思っている人が多いですし、

店員もそのように説明するので、みな信じているのですが、

これが常識のウソなのです。

では、どうやって、つま先着地をすれば良いか?

対策としては、靴底が薄めの物を選ぶことです。

靴底が薄めでも、
クッション性が保たれていれば問題ありません。

そして、つま先もしくは足底全体で着地し、

どちらかと言うと、

踵よりもつま先に体重がかかるように意識します。

そして、走る時と同じように、

やや前傾姿勢で、

重心を少し前に出し、

重心の真下に着地するようにします。

160218_2

 

 

 

 

 

 

 

このやり方は、走る時と全く同じ要領です。

これで力を使わずに、
膝にも負担をかけず、
楽々歩くことができます。

特に、つま先着地は重要ですので、
最初は慣れるまで時間がかかりますが、
意識して継続してみてください。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.