トピックス ブログ

マラソンでデトックス!

更新日:

私たちの周りには健康に悪い食品が溢れています。

砂糖、塩、脂肪。

これらの取り過ぎは健康に良くありません。

しかし、食品の成分表示を見ればよくわかりますが、

ほとんど全ての食品にこれらがふんだんに盛り込まれています。

それはなぜかというと、

販売される食品の多くは

企業の論理で成り立っているからです。

どういうことかというと、

その食品砂糖や塩や脂を摂取すると、

脳の中でドーパミンが出て気分が良くなり、

人間はをどんどん摂ってしまうのです。

そういう商品を販売した方が儲かるので、

企業としてはどうしても「儲け主義」に偏りがちなのです。
http://goo.gl/8E2aBe

私たちは、このような罠をすり抜けなければいけないのですが、

これだけたくさん罠が張り巡らされていると、

さすがに全てくぐり抜けるのは困難です。

そのため、みんな罠にハマって食べ過ぎてしまうのです(笑)。

同様にお酒も適量なら健康に良いと言われていますが、

ついつい飲み過ぎてしまうこともあると思います。

こういう状態を続けていくとどうなるでしょうか。

飲み過ぎ食べ過ぎが続けば当然太ります。

太りすぎを放置しておくとメタボになります。

メタボを放っておくと、

高血圧や糖尿病などの生活習慣病が悪化していきます。

生活習慣病を放っておくと、動脈硬化になります。

動脈硬化の人の体の中はどうなっているかご存知でしょうか。

血液は、俗に言われる「ドロドロ血」の状態です。

ドロドロ、ベトベトして、すぐ固まってしまいます。

血液の流れも淀んでいます。

動脈硬化は全身の病気なので、

心臓、脳、脚など全身の血管が悪くなります。

プラークといって、コレステロールの塊のようなものが、

血管の中にこびりついて、

狭くなってしまうのです。

このようにならないために、

ジョギングの「デトックス効果」を利用するのがお勧めです。

160217_1

 

 

 

 

 

 

 

どういうことかと言うと、、、

私たちが安静にしている時に、

心臓から送り出される血液の量は、

1分間に4リットルくらいです。

ところが、走っている時は、心臓の収縮が強まります。

一回の収縮で送り出す血液が2倍くらいに増えます。

さらに脈拍数も安静時に1分間60回くらいだったのが、

120回から150回くらいまで上がります。

つまり、2~2.5倍くらいになります。

これらをかけ合わせると、

1分間に送り出される血液の量は

4倍から5倍くらいに増えるのです。


つまり、ドロドロと淀んでいた血液の流れが

一気に良くなるわけです。

しかも、大量に汗もかきますから、

一緒に余計な塩分も放出してくれます。

走った後の爽快感は、
このようなデトックス効果によるものかも知れません。

ただし、お酒を飲み過ぎた翌日は脱水になっているので、

水分をしっかり摂ってからでないと危険ですので、

無理はしないようにしましょう(笑)。

 

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.