トピックス ブログ

なぜ自己実現が上手くいかないのか?

投稿日:

なぜ自己実現が上手くいかないのか?

だいぶ前にメルマガで、
マズローの欲求5段階説とセミナー難民の話を取り上げました。
http://ameblo.jp/moorilyn/entry-12003362604.html

今回は、

多くの人が、自己実現が上手くいかない理由

マズローの欲求5段階説に基いて

考えてみたいと思います。

160216_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、自己実現理論と呼ばれるもので、

アメリカの心理学者・アブラハム・マズローが

「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、

人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。

一般的には「マズローの欲求5段階説」という呼び名で有名になっています。

第一段階は、「生理的欲求」です。
これは、「食べる」「寝る」のような、
生きていくための基本的な欲求です。

これが満たされると、第2の階層「安全の欲求」を求めます。

これには、健康、安心して住める場所、経済的な安定などが含まれます。

安全の欲求が満たされると、人は社会欲求や愛の欲求を求めます。

仲間や愛を求めるのです。

そして、第4階層は、「承認の欲求」です。これは「他者から認められたい」「尊敬されたい」という欲求です。

ビジネスパーソンで言えば、

結婚して家も構え、

安定し、愛情も得られると、

今度は、社内で認められたい、

同期よりも早く出世したいといった欲求が芽生えてくるのです。

そして、第5段階が「自己実現欲求」です。
自分の脳力を引き出し、
創造的な活動がしたいなどの欲求が生まれます。

たとえば、音楽家の場合、

多くの人がこの、

第5段階を目指します。

しかし、順調に到達できる人は一握り。

残りの人は、華やかな舞台に立てずに終わってしまう、、、、。

なぜそうなるかというと、

多くの人が第2段階でつまづいてしまう、、、。

つまり、

自分の好きなことだけで十分な収入が得られないため、

上のステージに進めないのです。

160216_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる、

「この仕事では食っていけない」

という状態です。

ここで問題となるのは、

ほとんど全ての人が、

一つの仕事で、

第2段階から第5段階までを完結させようとすることです。

しかし、仮にですが、

この第2段階の経済的な問題をクリアする方法が

他にあったとしたら、、、、


展開は大きく変わる可能性があります。

たとえば、

親が資産家でたくさん不動産を持っていたとします。

親からそれを受け継いだおかげで、不労所得が入るようになり、

ほとんど働かずに音楽に打ち込めるようになったとしたら、、、、。

勝間和代さんが翻訳した「天才!」という本の中には、

「天才になるためには1万時間の努力が必要」と書かれています。

もし、他の仕事をせずに、毎日10時間音楽の練習だけに打ち込めたら、

3年後には天才になれるかもしれません。

若いうちに成功した人というのは、

まだ親に経済的に保護してもらっているあいだに、
天才になる工程をクリアした人と言えるかも知れません。

遅れてスタートした人は、

20歳を過ぎると、

「もう成人だから自分で稼がねば」ということで、

アルバイトをしながら音楽活動も、、、、

といった具合に集中力を分散してしまうため、

長い長いトンネルに入り込んでしまう。

もちろん、このようなケースが全てに当てはまるとは言えませんが、

遅咲きでも本気で自己実現したいという人は、

何か別の手段で、あまり時間をかけずにお金が入る方法を見つけてみては

いかがでしょうか。

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.