トピックス ブログ

日本の医療は非常識??

更新日:

フィリピンNo1の心臓専門病院

フィリピンハートセンターを訪問しました。

 

 

 

 

 

 

 

心臓カテーテル検査室や手術室を

見学しましたが、

設備的には日本の施設と遜色ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療に使う道具も日本とほぼ同じです。

 

 

 

 

 

ただし、日本と違うのは、

中国製のまがい物が混ざっている点です(笑)。

 

 

 

では、

フィリピンの人は

日本と同じような治療が受けられるかというと

そうではありません。

 

 

 

なぜなら、

日本のような国民皆保険制度は存在しないからです。

 

 

日本でカテーテル治療を受けると、

ざっくりですが、

100万円から200万円ぐらいの費用がかかります。

 

 

 

しかし、日本では

高額医療に対する医療費控除があるので、

最終的な出費は少なくて済むのです。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150

 

 

しかし、

フィリピンでは、

保険でカバーされるのは

全体の1割程度だそうです。

 

 

残りの9割は、患者さん本人や

家族が支払わなければなりません。

 

 

 

フィリピン・マニラの最低賃金は

月額で3万円〜4万円ほどと言われています。

 

 

 

http://www.bk.mufg.jp/report/insasean/AW20160511.pdfより

 

 

 

 

このような給与水準の人では、

高額な医療費を払うのは困難なのです。

 

 

 

 

ちなみに、日本では常識と思われている

救急車による無料搬送ですが、

これも実は、、、、、

 

 

 

海外では有料です。

 

 

 

 

 

 

日本では、

タクシー代わりに救急車を呼ぶなんていう話も聞きますが、

そんなことはありえないのです。

 

 

 

こうしたことを考えると

日本人は医療に関しては

とても恵まれていると言えます。

 

 

 

フィリピンだけでなく、

発展途上国の医療には様々な課題があります。

 

 

それに対して日本には、

それを解決するために提供できる手段がたくさんある

 

 

逆に

日本が今直面している高齢化社会対策。

 

これに対して、東南アジアの国々が提供できる

ものがたくさんある。

 

 

これらを上手く補い合うことが

今後の課題でしょう。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.