トピックス ブログ

4次元思考で考える

投稿日:

4次元思考で考える

YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
   ↓        ↓

https://youtu.be/-tiI0Z12iGI 

 

 

私の父は12年前に急逝しました。

後には莫大な借金と実家のさまざまな問題残されていました。

 

それを解決しなければならなかったのですが、

私は当時、東大病院で心臓カテーテルのチーフをしており、

とても忙しい日々を送っていました。

 

これを継続した状態では、この諸問題を解決することができないので、

2年近く悩み、今から10年前に心臓カテーテルチーフを辞めました。

 

そして、教授に頼んで、時間にゆとりのある

加圧トレーニングを研究する部署に異動させてもらいました。

 

すると、何が起こったかと言うと、これまで

私にいい顔をしていた製薬会社や医療機器会社の営業マンが、

会っても挨拶をしなかったり、無視をするといった状態になりました。

 

彼らもビジネスなので分からなくはないのですが、

人間というのはこういうものなのだということを、

まざまざと見せつけられました。

 

そのような中でも、4名ぐらいは手のひらを返さず、

つきあいを続けてくれたのですが、ごくごく少数でした。

 

このように、あっさり手のひらを返すような人というのは、

今の時点、目先のことしか見ていないのです。

 

その後、私はある病院の病院長になったのですが、

手のひらを返したような人に、薬を依頼したり、

医療機器を依頼はしませんでした。

 

目先のことだけ考えて、軽率な行動をしてしまえば、

ビジネスは途絶えてしまいます。

 

私たちの生きている世界は、3次元で成り立っています。

この3次元に、時間という軸を加えると4次元になります。

この4次元で考えるということが重要です。今の時点だけでなく、

これから先の未来のことも考える必要があるのです。

勉強も同様です。現時点で力が足りなかったとしても、

継続すれば、力は必ずついてきます

目標の学校に合格することも十分可能です。

 

スポーツ選手にも同じことが言えます。

今の時点ではまだ実力が足りないとしても、

このまま努力を継続すれば、伸びていく人がたくさんいます。

 

勉強でもスポーツでもビジネスでも、

今の時点で力がないと決めつけてしまったら

そこで終わってしまいます。

 

そうではなく、未来のことまで考えて

どうするかという視点でとらえる必要があります。

上の図は、昨日ご紹介した250人の法則です。

 

目の前の人だけのことを考えると、どうしても打算的になりがちですが、

そこからどのような拡がりがあって、未来の自分にどういう影響があるか

ということまで考えると、行動が変わってきます。

 

ですから、現時点の行動が未来にどう影響するのか考えて、

目先の利益だけにとらわれるのではなく、

4次元で思考することがお勧めです。

 

これが、生涯大きなベネフィットを

生むためのポイントになると思います。

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.