トピックス

腰痛を悪化させる悪習慣!ワースト3

投稿日:

腰痛を悪化させる悪習慣!ワースト3

腰痛に悩んでいる人

どのぐらいいるかご存知でしょうか?

 

約2,800万人、 日本人のおよそ

4人に1人腰痛に悩んでいます。

かつては私も腰痛に苦しんでいました。

 

しかし、最近はそういった

腰の痛みはなくなり、

すっかり忘れていました。

 

それは、たまたま良くなったのではなく、

いろいろと工夫した結果です。

 

そこで、どういうことをするといけないのか

どういった対策したらいいのかを

考えていきましょう。

 

1つめは、物を持ち上げる時に

前傾しすぎるということです。

 

これはよくやりがちなのですが、

腰に負担がかかります。

ギックリ腰を起こす人もいます。

では、どうしたらいいかと言うと、

単純ですが、上の図のように

前傾するのではなく膝を曲げてください。

 

腰を曲げるのではなく膝を曲げる

負担がかかりません。

 

腰を曲げてかがむのが

習慣になってしまっていると、

最初はなかなか変えられないと思います。

 

でも、意識して続けているうちに、

膝を曲げてかがむのが習慣になってきます。

 

私もこれを意識した結果、

腰を曲げて前傾することはなくなりました。

ギックリ腰を起こすこともありません。

 

ギックリ腰をやったことある人は

意識してみてください。

 

また、2つめですが

腰痛の時に薬や道具に頼ることも

実は良くありません。

 

たとえば、湿布貼ったとしても、

一時的にスッとして、

痛みが良くなるように感じますが、

あくまで一時しのぎです。

根本的な解決にはなりません。

 

他に、コルセット使う人も多いです。

コルセットでサポートすると

腰の痛みが軽減され、かなり楽になります。

私も腰痛がひどかった時は

コルセットを巻いて、カテーテル手術

していたこともありました。

 

痛みがひどい時は、コルセットに

頼らざるを得ないのですが、

これにもやはり問題点はあります。

 

それはどういうことかと言うと、

いつもコルセットに頼っていると

筋力が低下してしまうということです。

 

そして結果的に

腰を痛めやすくなってしまいます。

 

この対策としては、

腹筋と背筋を鍛えることです。

 

コルセットの代わりに、

腹筋や背筋が腰をサポートできるように

鍛えてください。

 

具体的に言うと、体幹の部分、

脊柱起立筋や腹直筋と腹斜筋です。

 

この部分をぐるっと鍛えれば、

コルセット代わりになるのでオススメです。

 

3つめの習慣は、

意外に思われるかもしれませんが、

腰痛の時に、安静にするのもよくありません

 

「腰を痛めたから安静にした方がいいだろう」

と思いがちですが、実はそうでもないのです。

 

腰痛の原因にもよりますが、

安静にするよりも、動いた方が

改善が早いことが多いです。

 

たとえば、寝ていて

腰が痛くなることがあると思います。

 

それと同様に、腰痛の人が

ずっと寝ていると、逆に

腰に負担がかかることもあります。

 

体を動かした方が血流が良くなり、

痛みが軽減されることもあるのです。

 

腰痛に効く運動としては、

加圧トレーニングが有効です。

 

特に、加圧ベルトをして、

レッグエクステンションなどがオススメです。

これは、上の画像のように、

自重で膝を曲げたり、伸ばしたりするものです。

 

YouTubeで検索すると出てきます。

加圧をして、こういった運動をしてみてください。

 

右足30回、左足30回、

右足20回、左足20回

といったペースがいいでしょう。

 

その後、加圧をした状態でウォーキングします。

これも室内を回るだけでもかまいません。

 

これだけで腰痛が劇的に改善します。

 

嘘のように効きますので(笑)、

ギックリ腰になった方は

ぜひ試してみてください。

 

腰痛の時は、必ずしも安静にすることが

ベストとは限らないので、

こういった方法があることを覚えておいて

腰痛の時に試してみるといいでしょう。

 

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/Lwexfc4XoOY
東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.