トピックス ブログ

これからの時代に必要なものとは?

更新日:

メジャーリーガーのイチロー選手

日米通算最多安打に向けて、

邁進しています。

160615_1

この日米通算安打の評価に関しては、

意見が別れていますが、

いずれにしても、

イチロー選手が、メジャーリーグにおいて、

偉大な足跡を残したことには間違いありません。

ところで、そのイチロー選手ですが、

バッティングフォームが徐々に変わっているのをご存知でしょうか?

日本でデビューした頃のイチロー選手は、

右足を大きく動かすバッティングフォーム、

いわゆる「振り子打法」でした。

しかし、メジャーに移ってからは、

メジャーの投手の速球や鋭い変化球に対応するため、

振り子打法を止め、

右足をあまり上げないフォームに切り替えています。

それだけでなく、日本時代もメジャーに移ってからも、

毎年毎年、少しずつフォームを変えているのです。

このように、一度できた「型」を変えるというのは大変なことですし、

勇気が要ることです。

しかし、あえてそれを続けてきたからこそ、

メジャーの投手の攻め方の変化にも対応でき、

こうして長年活躍できたと言えます。

これを脳内回路の理論に当てはめると、

どのような解釈ができるでしょうか?

1つのフォームを完成させると言う事は、

1つの脳内回路を完成させると言うことです。

160615_2
そして、そのフォーム改造すると言う事は、

脳内回路を変える、

すなわち、脳内回路を再構築するということなのです。

したがって、再構築した回路が定着するまで、

時間もかかりますし、

労力も要ります。

そうした、たいへんな作業を、

イチロー選手は毎年毎年繰り返していたのです。

実は、これは決して特殊なことではなく、

ビジネスマンをはじめ、

我々一般人にも当てはまる重要なことなのです。

なぜかと言うと、

変化の速い現代社会においては、

1つのやり方をずっと続けていくだけでは、

勝ち残れないようになってしまったからです。

1つの「型」をせっかく作っても、

それを変える判断、

決断力が必要になります。

ここで重要になるのが、

やはり、ワーキングメモリーであり、

脳の中では、

脳内回路の再構築が行われているのです。

このことに気づき、

脳を鍛えることができた人が、

現代社会における勝者になれると言っても過言ではないのです。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.