トピックス

体内時計をリセットしよう!

投稿日:

体内時計をリセットしよう!

夜型から朝型に変えたいとか

午前中はボーッとして頭が冴えない

という悩みを持っている人も

少なくないと思います。

 

このような人は、体内時計を

リセットする必要があります。

 

そもそも体内時計とは何でしょうか。

 

人間には、24時間、つまり

1日周期でリズムを刻む

時計のようなものがあることが

最近の研究で分かってきました。

 

その体内時計によって意識しなくても

日中は体と心が活動状態に、

夜は休息状態になります。

 

体内時計の働きで、夜になると

自然な眠りに導かれます。

 

朝は光を浴びることでリセットされ、

活動状態になるというサイクルを

繰り返します。

 

これが上手くいかない人は、夜型で、

朝なかなか起きられなかったり、

起きてもボーッとしてしまいます。

 

また、海外は時差があるため、

旅行に行く際は体内時計をリセットし、

現地の時間帯に切り替える必要があります。

 

体内時計をリセットするための

ポイントは3つあります。

 

1つめは、

太陽の光を浴びることです。

 

理想的なのは朝、外に出て

太陽の光を浴びることです。

 

それができないと言う人は、

私がいつもオススメしている

光る目覚まし時計を使うとよいでしょう。

 

光る目覚ましを使う場合、

光がなるべく強いもの使うことが

オススメです。

 

太陽の光に代わるような強い光を

浴びる治療法もあり、それ専用の光を出す

ライトもあります。

 

こういったもので、光を浴びることが、

体内時計をリセットするための

1つめのポイントになります。

 

2つめののポイントは、

食事を摂ることです。

 

これも重要です。

 

食事を抜いてしまうと、

食事を摂ることと関係のある臓器の

時計遺伝子が防衛反応を起こして、

体内時計がずれてしまいます。

 

ですから、朝食を

しっかり摂る必要があるのです。

 

朝食では、野菜やタンパク質だけでなく、

糖質摂った方がいいです。

 

私の提唱する食事法では、

野菜やタンパク質をたくさん摂り、

炭水化物は控えめにしましょうと

お伝えしています。

 

しかし、朝は炭水化物も

ある程度摂った方がいいです。

 

体内時計をリセットし、

活動状態にするためにはオススメです。

 

また、朝、食事を摂ると腸が動き出し、

トイレ行きたくなります。

 

私の経験上、体内時計をリセットするには

数日〜1週間ほどかかります。

 

今はコロナの影響で

海外には行きづらい状況ですが、

私がハワイによく行っていた時に、

食事と腸の反応を観察すると、

現地の時間に体が切り替わるのに

数日から1週間ほどかかることが分かりました。

 

完全にリセットされると、現地の

時間帯に体が適応したと考えられます。

こういったことも、私がいつも

オススメしているように、

自己管理シートを活用すると、自分の

状態をチェックすることができます。

 

いろいろなことが見えてきて、

コンディションを安定させやすくなるため、

まだ使っていないと言う人は

ぜひやってみてください。

 

体内時計をリセットするために、

朝、運動をすることもオススメです。

 

ではどんな運動がいいかと言うと、

いつも私がオススメしている、

加圧トレーニング朝ランです。

これらをすることで

交感神経が働きだし、

体内時計がリセットできます。

 

自律神経には、

交感神経副交感神経があります。

 

日中動いている時や緊張している時などは、

交感神経が優位になります。

 

夜寝ている時は、

副交感神経が優位になります。

 

このバランスが起床後、徐々に

切り替わらなくてはならないのですが、

これが上手くいかない人は、

朝ボーッとしてしまいます。

 

交感神経と副交感神経を

スムーズに切り替えるためにも、

朝、運動することがオススメです。

ぜひ試してみてください。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/1xqcCqrW08s

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.