トピックス

これが本当の腸活!腸を動かす方法

投稿日:

これが本当の腸活!腸を動かす方法

私は、よくハワイに行きます。

ハワイと日本は時差が

どのぐらいあるかと言うと、

19時間あります。

 

19時間と言っても

ピンとこないかもしれませんが、

1日は24時間なので、

24ー19は時間です。

 

つまり、1日遅れて

5時間進んでいることになります。

 

曜日や日付を無視して考えると、

ハワイの方が5時間進んでいる

というイメージです。

 

この5時間のズレによって

何が起こるかと言うと、

朝なのに腸がなかなか動き出さない

という現象が起きます。

 

ハワイの朝6時は、

日本の夜中の1時です。

 

私たちの体には

体内時計いうものがあります。

これが適応するのには、

数日かかるわけです。

 

ですから、毎朝規則正しく

トイレに入っている人も、

時差があると、最初の数日は

なかなか腸が動き出さないいう

現象が起きてきます。

 

では、腸を動かすには

どうすればいいでしょうか。

 

ちなみに、私たちの

体の中にある内臓で、

自分の意志で動かせるものは

ほとんどありません。

 

心臓や肝臓なども、

自分の意志で動かすことは

できないのです。

唯一コントロールが

可能なのは、です。

 

呼吸は、ある程度意識して、

早めたり、ゆっくりにしたり

することができます。

 

しかし、他の臓器は

自分の意思で動かすことは

ほとんどできません。

 

ですから、腸も、
動けと念じて動かしたりは
できないのです(笑)。

 

では、どうしたら

腸を動かせるかと言うと、

簡単なことですが、

食事を摂ればいいわけです。

 

自分の意志で動かすことはできませんが、

胃袋食物が入れば、

消化するために胃や腸が動き出します。

 

私たちの意志に関わらず、

動いてくれるわけです。

 

私が普段日本にいる場合に、

腸がどのような動きをするかと言うと、

朝食を食べた直後から2時間以内ぐらいに、

比較的よく動きます。

 

その時間帯に、

トイレに行きたくなることが

ほとんどです。

 

こういったものも、

自己管理シートに記録をつけて

観察していると、徐々に

分かってくるようになります。

 

こういったことが分かると、

食事のタイミングを変えることで

腸の動きをコントロールすることも

可能になります。

 

食事を摂れば腸が動き出すとすると、

腸を動かしたくない場合は、

どうすればいいでしょうか。

 

そのような場合は、

食事を摂らなければいいわけです。

 

たとえば、朝ジョギングに行く時、
途中でトイレがなく、
急にトイレに行きたくなると困る場合は、
何も食べずに出かければ、
腸が動き出しません。

 

また、早めにトイレを済ませて

出かけたい時もあります。

 

朝早くゴルフに行く場合などは、

早めに食事を摂ると

腸も早めに動き出します。

 

全てがこの通りにいくとは限りませんが、

食事を摂るタイミングによって、

腸の動きを、ある程度

コントロールすることができます。

 

私の場合、何も摂らない状態で

トイレに行きたくなることは、

あまりないのでコントロールすることが可能です。

 

ただ、海外に行って、

体内時計がずれてしまった場合は、

こういったことができません。

 

では、体内時計をリセットするには、

どうすればいいでしょうか?

 

 

体内時計をリセットするためには

どんな方法が有効かを考えてみましょう。

 

まず1つは、光を浴びることです。

 

太陽の光を浴びることによって、

体内時計がリセットされやすくなります。

 

そしてもう1つは、

運動です。

 

朝日を浴びて、運動をすると

体内時計がリセットできます。

 

また、重要なポイントにも関わらず、

見落とされがちなのが朝食です。

 

朝食をしっかり食べることが、

体内時計をリセットする上で

重要なポイントになります。

 

しかも、その場合は、

野菜、タンパク質だけでなく、

炭水化物もしっかり摂った方が

いいです。

しっかり朝食を摂ることで、

より早く、体内時計をリセット

することができます。

 

その次に食事のタイミングです。

 

食事を摂る時間をずらすことで、

の動きをある程度

コントロールすることができます。

 

なかなか一度読んだだけでは

理解が難しいかもしれませんが、

私の講座でお伝えしている

自己管理シートをつけて、

日々の行動と、その結果を振り返ると、

こういった気づきを得られるようになります。

 

ご興味のある方は、

勉強会などに参加してみてください。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧ください。

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/JY0nUKzir7E

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.