トピックス

痛みや悩みを消す技術

更新日:

痛みや悩みを消す技術

痛みや悩みで苦しんでいる人

少なくありません。

 

肩や腰、膝などが痛いと言う人

人間関係やお金、健康、老後に

不安を感じ、悩むも多いと思います。

 

しかし実は、

これらを消す方法があります。

 

では、どうすれば消せるのか、

考えていきましょう。

 

まず、痛みを消す方法です。

 

あなたにも、このような

経験はないでしょうか?

 

元々左の膝が痛くて、いつも

気になっているとします。

 

しかし、左の膝をかばっているうちに、

右の膝も痛くなります。

 

すると右膝が痛くなったことで、

左膝の痛みはあまり気にならなくなった、、、。

 

このような経験が

あるのではないでしょうか?

 

このようなことは、なぜ起こるのかと言うと、

人間の脳は、同時にあれもこれも

意識することができないからです。

 

頭が痛い、手も痛い、膝も痛いなどと

同時に意識することができないので、

一箇所に集中してしまうのです。

 

また、このような話もあります。

元マラソンランナーの谷川真理さんの

コーチの方から聞いた、

「つねる力」という話です。

 

マラソン中は息が苦しくなります。

そのような時に手の甲をつねると、

痛いと感じます。

 

そうすると、手の甲の痛みに

意識がいって、息苦しさを一瞬忘れます。

 

そのような時には、

まだ余裕があるという話でした。

 

この話からも分かるように、人間は

あちこち同時に意識することは

できないのです。

 

次に、悩みを消す方法についても

解説していきます。

 

どうすれば、悩みを

消すことができるでしょうか?

 

以前こんな話を聞きました。

 

うつで悩んでいた人が、

目の調子が悪くなりました。

 

そこで、コンタクトを試したり、

レーシックを検討したりと目のことで

ずっと悩んでいたところ、気づいた時には、

うつが治っていたそうです。

 

 

ここでも、痛みの話と

同じことが言えるわけです。

 

人間の脳は、あれもこれも

同時に意識することはできません。

 

ですから、今、何か小さなことで

悩んでいる人は、別な悩みを抱えることで

小さな悩みが気にならなくなります。

 

たとえば、私は最近ゴルフ

やるようになりました。

 

ゴルフはとても難しく、なかなか

上達しないと悩んでいる人も多いです。

 

それについて深く考えていると、

他の悩みを気にする余裕が

なくなります。

 

つまり、他のことで

悩むことが減ります。

 

今、何かに悩んでいると言う人は、

ゴルフのように日常生活に支障がなくて、

しかも深い悩みについて考えてみると

いいと思います。

 

 

さて、先ほど別なところに意識を向けると

痛みが気にならなくなるという話を

お伝えしました。

 

しかし、それで一時的に痛みを忘れても、

またぶり返してしまいます

 

こういった痛みはコンピュータの

データの上書き保存のように、

上書きが必要になります。

 

上書きすることで、

痛みを感じなくなったり、

感じにくくすることが可能です。

 

そのための一番の方法は、

私がいつもオススメしている

加圧トレーニングです。

 

加圧トレーニングの原理については

全ては解明されてはいませんが、

筋肉に乳酸が大量に溜まり、

普段経験しないような特殊な刺激が

脳に伝わります。

 

痛みを感じているのは、

膝や腰ではなくです。

脳が痛みを認識しているのです。

 

痛いと感じているところに

別の刺激がいくので、コンピュータの

データが上書きされるように、

脳の情報も上書きされるイメージです。

 

それによって痛みが改善されるというのが、

私が考えている仮説です。

 

なかなか治らない慢性的な痛みは、

炎症自体が治まっていれば、

本来は痛みがないはずです。

 

それにも関わらず、ずっと痛いと言う方は、

加圧トレーニングを試してみると、

改善される可能性があります。

 

ぜひ動画もご覧になって下さい。     

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/porRMH4Hlb4


東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.