トピックス

あなたの薬は減らせる?

投稿日:

あなたの薬は減らせる?

病院に通って、複数の薬を

服用していると言う患者さんも

少なくありません。

 

そこで心配になるのが、

薬の副作用は大丈夫かということです。

 

薬には、それぞれ

主作用と副作用があります。

たとえば、血圧を下げる薬は

血管を拡げる主作用を持ちますが、

効きすぎれば、

血圧が下がりすぎてしまう副作用

起こるものも多いです。

 

また、複数の薬を服用していると

問題になるのが、薬の相互作用です。

 

「薬の相互作用とは複数の薬の

飲み合わせによって効果が増強したり、

薬の持つ効果が打ち消されてしまうことを指す。

 

また、薬物相互作用によって

新たな副作用が生じることもある。

薬物相互作用は患者が薬を内服してから

排泄するまでの過程(吸収、分布、代謝など)

のどこかで起こる」

 

服用する薬の数が増えれば増えるほと、

相互にどういう影響があるかが

分かりづらくなります。

 

副作用がどう起こるかが予測しづらく、

心配になります。

 

私自身も、今は特に薬をのんでいませんが、

できるだけ飲みたくありません。

 

薬は、なるべく飲まないことがベストです。

 

どうしても飲まなくてはいけない場合も、

必要最小限にしたいものです。

 

では、どうすれば薬を減らせるでしょうか?

 

たとえば、生活習慣病である

高血圧の患者数は多く、

高血圧の薬が手放せないと言う人も、

少なくありません。

 

薬は、なるべく飲まないに

越したことはありませんが、

高血圧の薬を減らすことは

可能なのでしょうか?

 

 

では、まず血圧とは

何か考えてみましょう。

 

血圧とは、心臓から送り出される

血液の量と、末梢血管抵抗という

血液の流れやすさによって決まってきます。

 

血圧を下げたい場合、

心臓から送り出される血液量を減らすか、

血管抵抗=流れやすさを改善するかどちらか、

あるいは両方が必要になります。

 

そのための1つの方法として、

塩分制限が効果的だと言われています。

 

血液中に塩分が増えると、

体が血液を一定の濃度に薄めようとして、

たくさんの水分を必要とします。

 

血管の中の水分量が増えると、

結果的に心臓から送り出される

血液の量も増えるため、

血圧が上昇するのです。

 

もう1つ、

血管抵抗を下げる方法もあります

 

そのためには運動がオススメです。

有酸素運動加圧トレーニングをすることで

循環が良くなります。

 

血管の抵抗が下がるので、

血液も流れやすくなり結果的に

血圧が下がる可能性もあります。

 

高血圧の薬を減らしたいと言う人は、

この2つの方法を

試してみるといいでしょう。

 

では、高血圧と同様 患者数の多い、

糖尿病の場合はどうでしょうか?

 

まず、糖尿病には

1型、2型と2種類あります。

 

1型は、生まれつき、

血糖を下げるホルモンである

インスリンの分泌が少ない タイプです。

 

今回取り上げるのは、

生活習慣の影響でなる2型糖尿病です。

 

2型糖尿病は、簡単に言うと

血糖を下げるインスリンの効きが

悪くなった状態です。

 

インスリンを たくさん出しているのに

血糖が下がらない という状態です。

 

糖尿病を改善するためには、

このインスリンがたくさん出なくても

いい状態、 つまり血糖値の乱高下を

減らすことが必要です。

血糖値が上昇すると、

血糖を下げるホルモンである

インスリンがたくさん分泌されます。

 

しかし、これを繰り返すうちに、

だんだんインスリンの 効きが悪くなって、

血糖が 下がらなくなってしまうのです。

 

このような状態にならないようにするためには、

血糖値が急上昇しない状態にすることが

必要です。

 

そのためには、食事の内容や

食べ方を改善する必要があります。

 

私の講座では、 この方法についても

詳しく解説しています。

 

もう1つ、

代謝をアップすることも重要です。

 

代謝が良くなれば、 血糖値も

下がりやすくなります。

 

では、そのためには

どうしたらいいかと言うと、

運動がオススメです。

 

特に、有酸素運動や

加圧トレーニングが有効です。

 

加圧トレーニングをして筋肉が増えれば、

代謝がアップして、 血糖も下げやすくなります。

 

病気になって病院に行くと、

すぐに薬を処方されます。

 

しかし、薬を飲むだけでは体質は変わりません。

あくまで見かけの 数値が改善されるだけで、

体質が変わるわけではないのです。

 

薬を全てやめられるとは限りませんが、

あきらめずに体質改善を目指していった方が、

健康な状態を長く維持できるはずです。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/IPYlMMiLD2s

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.