トピックス ブログ

一瞬で集中力を高めるには??

更新日:

「集中力が長く続かないのです。
何か対策はありますか?」

という質問をよく受けます。

150704_1

 

 

 

 

 

 

 

人間の集中力というのは、あまり長い時間は続きません。

よく考えてみると、そもそも、勉強や仕事をする時に、
2時間も3時間も休まずに集中する必要があるでしょうか。

実は、それほど長時間休みなしで続けなくても、
短時間で済む作業の方が多いのではないでしょうか?

そこで、集中力が長時間続かない人は
『短時間の集中を繰り返す』ことが効果的なのです。

短時間の集中を繰り返す

150704_2

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、25分集中して勉強したら、5分休憩する。
そして、また25分集中するというサイクルを繰り返します。

このサイクルだと、2回繰り返すと1時間になるので、わかりやすいです。

これを6サイクル繰り返すと3時間になりますから、
そのあたりで、20分から30分程度、
長めの休憩を入れても良いです。

25分でも長すぎると言う人は、もっと短くしても構いません。
たとえば、15分集中して、5分休憩するというサイクルでも構いません。

ちなみに、私は、中学生時代、
この15分、5分のサイクルで勉強をしていました。

こうして、こまめに休憩を入れた方が、疲れがたまらず、
結果的に、効率良く勉強できるのです。

じっと机に向かっていると、筋肉も凝り固まりますし、循環も悪くなります。
ですから、休憩中は積極的に体を動かしましょう

このように、積極的に休憩を取ることをアクティブレストと言います。

また、眠気が出て来た場合は、一瞬だけ仮眠を取るのも有効です。

150704_6

 

 

 

 

 

休憩時間の使い方は自由ですが、
なるべく疲れが取れるように、工夫しましょう。

そして、休憩が終わったら、だらだらせず、意識を入れ替えて、
すぐ集中しましょう。

最初は慣れないかも知れませんが、これも習慣づけてしまえば、
難なくできるはずです。

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、あなたの習慣に、この「短時間集中」を取り入れてみてください。

1回目から、ご自身の「集中力」「結果」に驚かれると思います。

この集中力強化の習慣を積み重ねることで、天才脳に近づいていきます。

あなたが、この天才脳を持つと・・・

例えば、

 ★上位0.001%の天才達が持つ優秀な頭脳が手に入ります

 ★180万円の借金地獄から、4ヶ月で月収400万円の社長に

 ★高校1年まで野球一筋だった僕が東大理三に楽々合格

 ★学歴コンプレックスの私が、英検準1級に合格

このような実績を出すことが可能になります。

あなたを天才脳にする、

パーフェクトブレイン

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

 

 

 

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.