トピックス ブログ

お金で命は買えるのか?

更新日:

超高齢化による医療費の増加が問題になっていますが、

その一方で、新しい医療機器や新薬は、

高額なものが、次々に登場しています。

160716_1

たとえば、心臓の治療ですと、

経カテーテル大動脈弁治療といって、

心臓の出口の扉(大動脈弁)を新しい弁を取り付ける治療があります。

この治療で使われる器具は、なんと400万円以上もします。
http://www.edwards.com/jp/aboutus/newsroom/pressrelease/20150512/

また、オプジーボという、新しい肺がんの治療薬は、

1ヶ月あたり260万円ものコストがかかります。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160517-OYTET50019/

さて、こうした高額医療を受ける患者さんは、

実際にどれだけの費用を負担するのか?

高齢者は1割負担、それ以外の人は3割負担というのが、

一般的に知られていますが、

実は、これは一般の診療に限った話なのです。

仮に1ヶ月300万円の医療費に対して、

3割負担したら90万円もかかります。

年間で1000万円以上の負担になります。

これでは、平均的な収入の人は、到底負担できないので、

一定の額を超えると、残りは国が補助するシステムがあるのです。

ちなみに、このシステムのことを高額療養費制度と言います。

160716_2

たとえば、年収が370万円未満の人の場合、

どんなに高額な医療を受けても、

1ヶ月の負担額は57,600円しかかからないのです。

残りのお金の大半は国が負担することになりますから、

医療費がどんどん膨れ上がるのも無理はありません。

更に言うと、生活保護を受けている人の場合は、

全くお金を払わずに高額医療が受けられます。

いわゆる経済的弱者が、
これほど優遇されている国は日本だけなのです。

アメリカでは、お金のない人は、高額医療は受けられません。

東南アジア諸国でも、

プライペートホスピタルといって民間の病院では、

お金のない人は治療を断られ、

パブリックホスピタルといって、公的な病院に回されます。

そこでもやはり、支払いの可能な範囲での治療しか受けられません。

言い方は悪いですが

「金に糸目をつけない」医療が行われているのは

日本だけなのです。

なぜ、このような状態がまかり通っているのか?

ポイントは2つあります。

まず、政治家の側から見ると、

収入の少ない層の方が、人口が多いため、

選挙での票の獲得を考えれば、

当然そこを手厚くする必要があります。

160716_3

これは、昔から農家が手厚い政策で保護されて来たのと、

相通じるものがあります。

一方、国民の側はどうかいうと、

国民皆保険制度という、

世界に例をみない素晴らしい制度の恩恵を長年受けてきた結果、

医療というのは特別なものという意識があります。

実際の価値に対して、負担額があまりに少ないため、

お金を払って医療サービスを受けるという実感があまりありません。

ですから、このような制度を不思議に思わないのです。

命に関わることだから、特別だ。

お金の問題ではない。

そのような認識の人が大半です。

しかし、冷静に考えれば、医療というのは、

それほど特殊なものではありません。

医療という一種のサービスに過ぎないのです。

もし、これが自動車を買うとか、

家を買うという話だったらどうでしょうか?

ボロアパートでは、長生きできないから、

家賃300万の豪邸に住みたいと言っても、

絶対、国は払ってくれません。

「馬鹿なことを言うな。自分で払いなさい!」と言われるのが落ちです。

でも、家賃300万の豪邸で快適に暮らしたら、

本当に寿命が延びるかも知れませんね(笑)。

では、高額な医療を受けたから、

全員が寿命が延びるかというと、

そうではないのです。

160716_4

効果がある人もいますが、実は効果がない人もたくさんいるのです。

それに対して、国が無条件で補助をしているために、

医療費はどんどん膨れ上がるのです。

では、どうしたら良いか?

本来であれば、何か一定の基準を設けて、

それより高額な治療に関しては、

自己負担とするような制度が必要でしょう。

現状の制度で、誰が一番喜んでいるかというと、

それは患者さんではなく、医療機器や薬のメーカーなのですから。

 

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

バナーアプリ3

 

 

 

バナー天才脳2

bnr_seminer-

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.