トピックス ブログ

相手の心を動かす技術

更新日:

他者とのコミュニケーションを

上手に取りたい

そう思っている人は少なくないでしょう。

先日、スタッフと一緒に

千葉県の富里市に不動産を見に行きました。

築20年ぐらいの木造の一軒家です。

なぜ、見に行ったかというと、

会社で購入して家賃収入を得られるのでは?

という発想からです。

不動産屋の担当者にあらかじめ電話を入れ、

予定より少し早く着くことを告げました。

ところが、いざ着いてみると、、、

担当者は不在、、、

お店にいるのは、

愛想の悪い社長さんと女性事務員のみ。

しかも、社長さん。

千葉の田舎なのに、なぜか関西弁。

「あいにく、社員はみな出払ってて、わししか、

おらしまへんのやあ!」

みたいな感じです(^_^;)

160401_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、、

「誰もついて行けないんで、

住所教えるから、外だけ見て下さい。

外見れば、だいたいわかるから」

えっ!

わざわざ見に来たのに、

中も見せてもらえない?

一緒に行ったスタッフは、

感じの悪い社長さんに

何も言えず、

黙り込んでいます。

しかし、しかし、

数分後には状況は一変しました。

社長さんは、私に鍵の在り処を教えてくれ、

「勝手に中入って、ゆっくり見てってください

最後の戸締まりだけは忘れんといて」

みたいな感じです(^^)。

いったい、何が起こったのか?

これこそが、コミュニケーションの力なのです。

愛想の悪いオジサンをを

一瞬でフレンドリーなオジサンに変える力、、、

これは、偶然ではありません。

実は日常茶飯事です(笑)。

ナースの言うことを全く聞かない患者さんが、

私の一言でころっと態度を変えたりとか。

そういうことがよくあります。

一番すごかったのは、

白い巨塔でおなじみの教授回診

160401_2

 

 

 

 

 

あれをヤメさせたことがありました。



今から10年以上前。

病棟の運営体制についての話し合いにて。

当時の教授と、

喧々諤々、議論し合った結果。

教授回診は意味がないからヤメましょうという結論に達しました。

実際、この後、東大の循環器内科では教授回診を止めたのです。

ドラマでもお馴染みの教授回診。

大学病院、しかも国立大学で

回診をやらないというのは、前代未聞です。

こんなことができたのも、

究極のコミュニケーションの力なのです。

さすがに回診をやらないと、

教授の威厳が損なわれてしまうため、

数カ月後に回診は復活しましたが(笑)、

日本全国でも、こんな偉業(?)を成し遂げたのは

私だけだと思います。

相手の心を思いのままに動かす

究極のコミュニケーション。

実は、この技術に長けている職業は、

落語家なのです。

なぜなら、落語家は

聴き手の◯◯◯◯を自在に操ることができるから。

この技術を身につけて人生を変える。

千載一遇のチャンスをぜひ掴んでください。

天才落語家・立川談慶の

究極のコミュニケーションセミナー

いよいよ受け付け開始です。

告知はメルマガにて。

 

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.