トピックス ブログ

開業医は10年後には無くなる!!?

更新日:

開業医は10年後には無くなる??

160316_

 

 

 

 

 

 

先日、googleのコンピューターが、

囲碁のトップ棋士に勝ちました。

コンピューターの進歩はめざましい。

かつては、

コンピューターはチェスには勝てても、

囲碁や将棋では、人間に勝てないだろうと言われていました。

しかし、時代は変わりました。


コンピューターは、すでに
将棋でも、トップ棋士に勝てる力をつけています。

そして、ついに囲碁も、、、

160316_2

 

 

 

 

 

 

 

さて、こうしてコンピューターが進歩すると、

10年後には、
今存在する職業の半分以上が無くなると言われています。

例えば、タクシー運転手。

車の自動運転が可能になると、
運転手はいらなくなってしまいます。

160316_3

 

 

 

 

 

 

 

コンビニの店員。

会員登録した客が買い物をすると、

出口のセンサーで自動的に課金されるようになります。

店員の仕事はほとんど無くなります。

さて、医師はどうでしょうか?

風邪を引くと、

近所のクリニックに行きます。

そこで症状を医師に告げると、

症状に応じた薬を医師が処方します。

咳が出ると言えば、咳止め。

痰が出ると言えば、痰の切れを良くする薬。

抗生剤が欲しいと言えば、抗生剤、、、、

囲碁や将棋のトップ棋士に勝てるコンピューターなら、

このくらいのことは簡単にできてしまいます。

しかも、風邪薬なんて、

実は、飲んでも飲まなくても、

あまり結果は変わらないのです。

え、そうなの!!??

と思うかも知れませんが、

実は、、、、




風邪というのはウィルスが原因なので、

そもそも抗生剤(抗生物質)は効きません。

なんとなく効いたような気になるだけなのです。

病は気からと言いますが、

プラセボ(偽薬)効果と言って、

ニセの薬を飲んでも、

ある程度症状は緩和されます。

しかし、ウィルスそのものを退治しているわけではないので、

早く治るわけではないのです。

なぜ、医師は、患者の要望に応じて薬を出すのか?

余計な薬を出してでも、診療数を増やさないとクリニックが儲からないからです。

患者の側も、それが当たり前だと思っている人が多いので、

平気で抗生物質を求めてきます。

このような無駄な医療を減らせば、

大幅に医療費を削減できます。

現在の2分の1、いや3分の1にすることも可能です。

10年後には、町医者に行くと、

Googleのロボットがいて、

「あなたの症状は軽いので、過去のデータによると、3日で治ります。

そのために、余分な薬を出すと、1万円かかります。

同じような人が全国に100万にいると、それだけで、

医療費が100億円増えてしまいます。

それでも良いですか?」

なんて言われる時代が来るかもしれません(笑)。

では、コンピューターに取って代わられない仕事とは

何でしょうか?

実は、人間の脳は、

最も優秀なコンピューターなので、

本来は機械に負けないはずなのですが、、、、

続きはメルマガで、、、

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.