トピックス

誰でも簡単にできる速読術

投稿日:

誰でも簡単にできる速読術

「本を速く読めるようになりたい」と言う人も

少なくありません。

 

本を速く読むことができれば、

勉強でも仕事でも短時間で

成果を挙げることが期待できます。

 

ただ、小説などは読み飛ばしたり、

速く読んだりすると、

あまり味わうことができません。

 

しかし、ビジネス書であれば、

誰でも簡単に速く読むことが可能です。

 

では、そのやり方について、

お伝えしていきます。

 

多くの人が誤解していることがあります。

それは、本は最初から最後まで

一字一句読まないといけないということです。

 

しかし、これは誤解です。

 

本、特にビジネス書は全部読む必要はありません。

自分のほしい情報だけ読めばいいのです。

 

そもそも本はなぜ分厚いのでしょうか?

 

NHKのチコちゃんに出るような問題ですが、

皆さんは分かりますか?

 

答えは意外な理由です。

 

本が薄いと、背表紙が作れないからです。

 

意外に思われるかもしれませんが本当です。

 

本は書店で棚に並べられることを

前提にしています。あまりに薄いと、

背表紙にタイトルを書くことができないため、

ある程度のボリュームが必要なのです。

 

最近増えてきた電子書籍は、ボリュームは

関係ないので短いものもありますが、

紙の本はボリュームが必要です。

ただ、紙の本も昔に比べると、

文章の量自体は減っています。

 

昔の本は、もっと1ページあたりの字数は

多かったのですが、最近の本は文字数が減り、

その分文字を大きくしたり、間隔を空けて

ボリュームを稼いでいるのが実情です。

 

私自身の経験でも、当初の予定より

ボリュームが少なくなり、編集者から

「先生、原稿を追加してもらえませんか?」

と頼まれたことが何度かあります。

 

そのため、やむなく追加の原稿を書きました。

 

つまり、追加した原稿というのは、

本来は本に載らなかった内容です。

本当は伝えるつもりがなかったこと、

重要ではないことと言えます。

 

こうして考えると、

本の中身は全て重要とは限りません。

ですから、全部を読む必要はないのです。

 

特にビジネス書は、自分にとって

必要な箇所だけを理解できればいいのです。

 

では、その必要な箇所をより速く読むためには

どうすればいいでしょうか?

 

そのポイントは

キーワードを意識することです。

 

自分が知りたい内容を意識して、

それを探しながら読みます。

 

そうすることで、

読む速度も上がります。

 

たとえば、私は最近、

時間管理の本を購入したのですが、

時間管理について知りたいのであれば、

時間管理というキーワードを意識しながら

読み進めていきます。

 

そうすることで、時間管理という

キーワードを見つけることができます。

 

とても簡単で効果的なやり方です。

 

このように、知りたい内容に関連した

キーワードを探しながら

どんどんページをめくっていき、

重要だと思う箇所が見つかったら、

そこを重点的に読みます。

 

このように読むと、

圧倒的に速く読むことができ、なおかつ

自分に必要な情報を見つけ出すことが

可能になります。

 

ぜひ試してみてください。

 

そして、もう1つ付け加えるのであれば、

本は、一度読んだだけで全て理解できるとは

思わない方がいいということです。

 

何の学習でもそうですが、たった一度で

全て理解できることはまずありません。

 

一度読んでみて分からなければ、

読み返すようにしましょう。

 

繰り返し読むことで、新しい発見があるので、

そのような姿勢で気楽に読むことがオススメです。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/Q52T_0ntQ5M

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2021 All Rights Reserved.