トピックス ブログ

天才になるために必要不可欠なものとは?

更新日:

天才になるためには究極の集中が必要、

そして継続が必要だと前回お話しました。 

しかし、それでも疑問が残ります。

それは、同じような才能を持ちながらも

成功する人としない人がいるという点です。 

たとえば、プロ野球をみてみましょう。 

10年に一人の天才と言われ、

鳴り物入りでプロ野球に入っても、 

結局結果を出せない人もいます。 

その一方でイチロー選手のように、

入団当初は注目されていなくても、

やがて頭角を表し、頂点に上り詰める人もいます。

160315_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その違いとは何でしょうか? 

実はその違いを解く鍵は◯◯◯◯にあります。 

強い◯◯◯◯を持って継続できた人だけが、

結果を出すことができるのです。 

これは何も、
天才と言われるような領域に限った話ではありません。

あらゆることに当てはまります。 

たとえば、英会話の習得を考えてみましょう。 


10年勉強しているのに習得できないという人がいる一方、

1年でペラペラになる人もいます。

その差はやはり◯◯◯◯なのです。 

もし海外に突然赴任することになって、

周りに日本語を話せる人はゼロだったらどうでしょうか。

160315_2

 

 

 

 

 

どうしても英語しか使えない、

英語で会議もしなければいけない、

レポートも書かなければいけない。

そんな状況に追い込まれれば、
誰でも◯◯◯◯が変わります。

いわば「やらざるを得ない」状況に追い込まれます。

そうして、ほんの数ヶ月もすれば

別人のように英語が上達しています。

火事場の馬鹿力ではありませんが、

このぐらい追い込まれれば、

誰でも◯◯◯◯が変わり、

真剣に取り組めるのです。

私の理論で言えば、

脳内回路が高速で回り出した状態になれるのです。

それに対して、

天才たちの凄いところは、

そういう差し迫った状況ではなく、

普通の環境にいながらも強い◯◯◯◯を保てるところです。 

イチロー選手のように、毎晩素振りを欠かさない。

単純な作業ですが、

1日も欠かさないということは、たいへんなことです。

多くの人が「今日は疲れているからいいや」と楽な方へ逃げてしまいます。

しかし、天才と呼ばれる人は、

当たり前のように継続することができます。

重要なことに集中し、

それを継続し、高速の脳内回路を維持していける人 。

それが天才なのです。 

今度の新刊では、このような話をしていますので、

楽しみにお待ち下さい。

********************
ブログ、HP以外にメルマガでも、
みなさんのお役に立つ情報を配信しています。

天才脳開発、集中力の高め方、目標達成、
時間管理、仕事の効率アップ、受験勉強、
ダイエット、収入アップなどなど

ご興味のある方は、下記よりお申込みください。

ScreenClip

 

 

 

 

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2019 All Rights Reserved.