トピックス

加圧トレーニングは毎日やっても大丈夫?

投稿日:

加圧トレーニングは毎日やっても大丈夫?

加圧トレーニングとは、

特製のベルトを腕や脚の付け根に巻いて、

血流を適度に制限した状態で行なう

運動のことを言います。

 

本来、運動中は筋肉に

大量の血液が流れ込みます。

 

加圧トレーニングでは、それが

制限されることによって、筋肉が、

きつい運動をしているような

状態なります。

 

結果的に、軽い負荷で

筋肉をつけることができます

 

きわめて効率的、かつ

効果的なトレーニング方法です。

 

ところで、加圧トレーニングをする方から、

よく受ける質問があります。

 

それは何かと言うと、

加圧は毎日やってもいいのか

というものです。

 

果たして、加圧トレーニングは

毎日やっても大丈夫なのでしょうか?

 

その答えは、

運動の程度によります。

 

まず、普通の筋トレについて

考えてみましょう。

 

筋肉をつけるためには、

かなりの負荷をかける

必要があります。

ボディビルダーがやるような

ハードなトレーニングをすると、

筋肉の細胞がダメージを受けます。

 

ダメージを受けた細胞が

修復される過程で、

細胞は大きくなっていき、

筋力もついていきます。

 

この筋肉が修復するまでの間は、

筋肉を休ませる必要があります。

 

ですから、きついトレーニングは

週2回ぐらいが一般的です。

 

ボディビルダーなどは、

もう少しハードに筋肉に

負荷をかけるので、同じ部位の

トレーニングは週に1回しか

やらないようなケースもあります。

 

こういった運動は、

インターバルといって、

間隔を空ける必要があるわけです。

 

それに対して、軽い運動であれば、

毎日でもできます。

 

ウォーキングのような運動であれば、

筋肉にダメージを与えないので、

毎日することが可能です。

 

では、加圧トレーニングの場合は

どうでしょうか?

 

仮に、ハードなトレーニングをして、

腕や脚がパンパンになって、

終わった後も力が入らないような

状態になったとします。

 

そのような場合は、次の日も

トレーニングをするのは、

オススメできません。

 

そのような状態の時は、

数日間休んで、回復するのを

待った方がいいです。

 

ただし、加圧トレーニング

通常のトレーニングでは少し違います。

 

加圧の場合は負荷が軽いので、

筋肉の細胞がダメージを

受けにくいです。

トレーニング中は、血流が制限されて

乳酸がどんどん溜まって、

きつい感じがするのですが、

実際の負荷は軽いので、筋肉の細胞は

あまりダメージを受けないのです。

 

ですから、連続して

トレーニングをすることも

可能ではあります。

 

たとえば、2週間のうち、

日曜日以外、月曜日〜土曜日まで

毎日加圧をしたところ、

わずか2週間で8%も

筋肉量が増えたという

データもあります。

 

ですから、よほど

ハードなトレーニングをして、

クタクタにならない限りは、

加圧は毎日行なうことも可能です。

 

では、そのあたりは

どう見きわめていけばいいのでしょうか。

 

自己流でやるのはオススメできないので、

専門家に相談してください。

 

専門的な知識があれば、

自分で判断できますが、

そういう人は少ないです。

 

専門のトレーナーやドクターに

相談をしながらやった方がいいです。

 

軽い運動であれば、

毎日行なっても大丈夫ですが

ある程度慣れてからした方が

いいでしょう。

 

もしくは、専門家に相談してから

行なった方がいいでしょう。

 

ろしければ、動画も

ぜひご覧ください。

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/BudCvJKjcjc
東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.