トピックス

よく遊んだ方が頭がよくなる?!

投稿日:

よく遊んだ方が頭がよくなる?!

よく学び、よく遊べという言葉があります。

 

しかし、遊ぶと何がいいのかわからないと言う方が

多いのではないでしょうか。

 

今回は、私の実体験を踏まえてお伝えしていきます。

私は、中学1年生の頃、

東大理三を受けようと決意して、

一生懸命勉強をしていました。

 

中学1年生の時は、

よく勉強していたのですが、

中学2年生の時に、

ある事件が起きました。

 

それは何かと言うと、

インベーダーゲーム

ハマってしまったのです。

当時、このゲームが大流行していました。

 

私は、そんなゲームを

やるつもりはなかったのですが、

たまたま友達に誘われて、

ゲームセンターに入ったのが

運の尽きでした。

 

それ以来、すっかりハマってしまったのです。

 

それからというもの、約半年間1日も休まず、

ゲームセンター通いをしていました。

 

そんなことをしていると、

どうなってしまうのか?

 

そうは言っても、それ以外の時間は

勉強もしっかりしていたので、

成績が落ちたわけではありません。

 

その努力の甲斐あってか、

ンベーダーゲームを

全部クリアすることができました。

 

 

この経験を通じて、私が

得たものは何でしょうか?

 

インベーダーゲームは、

1面、2面というように

難易度が徐々に上がるのですが、

最初は全く上手くいきませんでした。

 

しかし、それを毎日欠かさず

コツコツ続けていったところ

頂点に到達することができたのです。

 

努力を重ねれば成長できる

という学びがありました。

 

他にも、いくつか学びがありました。

 

それは何かと言うと、

一つのことを一生懸命やることが

大事だということです。

 

このように、ゲームから

多くのことを学んだ私は

高校時代こそは真面目に勉強するぞ

と思っていました。

しかし、高校時代も

私はあるものに

ハマってしまいました。

 

何にハマったかと言うと、

将棋です。

周りの友達に、

将棋が好きな人が多かったのです。

皆と対局していて負けると悔しくなります。

 

そこで、頑張っているうちに、

またしてもハマってしまったわけです。

 

ひたすら将棋の勉強をして、

その合間に学校の勉強するという

日々を送っていました。

 

それをやった結果、

何が得られたかというと

まず集中力です。

 

将棋は、かなり高度な集中力を

必要とします。

 

それが身につけられたことが1点です。

 

そして、もう1つは、

ワーキングメモリーが

鍛えられたことです。

 

ワーキングメモリーとは、

いつもお伝えしていますが、

頭の中でいろいろな段取りを

考える能力のことです。

将棋をすることで、

ワーキングメモリーが鍛えられます。

 

このように、勉強ももちろん大事ですが、

特に幼少期は、勉強以外にも

いろいろな遊びをした方が

いいでしょう。

 

なぜかと言うと、

脳にいろいろな刺激が

加わるからです。

 

それによって、脳が発達していきます。

 

ですから、いろいろな遊びに

トライした方が、結果的には

脳が発達すると言えます。

 

もちろん遊びにばかり時間を取られ

勉強しないのはまずいので、

バランスを取る必要があります。

 

上手くバランスを取りながら、

いろいろな遊びをして、

脳に刺激を加えるのがいいでしょう。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧ください。

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/j9OSYEhGYDE

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.