トピックス

成功する人しない人、たった1つの違いとは?

投稿日:

成功する人しない人、たった1つの違いとは?

私がコンサルする人の中には、
いろいろな人がいます。

どんどん成果を出す人がいる一方で
なかなか上手くいかない人もいます。

両極端とまではいきませんが、
この2つに大きく分かれます。

 

では、成果を出す人、出せない人の違い

何でしょうか。

それを考えるうちに、私は

ある特徴気がつきました。

 

それは何かと言うと、

成果を出す人は、説明が分かりやすい

ということです。

 

私がコンサルをしている時も、

自分がやろうとしていること、

あるいは、やった結果についての説明が

とてもわかりやすいです。

 

成果を出す人たちには

こういった特徴があります。

 

では、その一方で

成果がなかなか出ない人は、

説明がわかりにくく、

何を言っているのかわからない人

多いです。

 

言い換えれば、成果が出る人というのは

自分がやるべきことを上手に

言語化できているということです。

 

成果が出る人は、言語化ができている。

成果が出ない人は、上手く言語化ができていない、、、。

 

なぜ、このような

違いが生じるのでしょうか?

 

ポイントとなるのは

ワーキングメモリーです。

 

ワーキングメモリーについては、

私のメルマガやYouTubeでも

よく出てくるのでご存知かと思いますが、

短期間、いくつかの物事を覚えておいて、

それをやりくりする能力のことです。

 

成果を出すためには、

いくつものタスク(作業)を

こなしていく必要があります。

 

それが、頭の中で

道筋ができあがってる人は、

成果が出やすいわけです。

 

私は将棋が好きなので、

将棋を引き合いに出しますが、

将棋も、頭の中で手順を考えるものです。

 

将棋は、考えた手順を実際に行なって、

勝ち負けがつきますが、

私たちの日常生活や仕事

それと全く同じです。

頭の中で考えた手順を

実行する必要があるのです。

 

早く成果が出る人というのは、

自分がやるべきことが

頭の中でクリアになっています。

 

その手順、あるいは道筋が

できていて、しかもそれを

すばやく行動に移せるので、

成果が出るわけです。

 

ところが、成果が出ない人は、

その道筋が頭の中でまとまっていません。

 

それでは行動にも移せないですし、

いざ行動したとしても、次に何をすればいいか

わからないということになってしまいます。

 

これでは、成果に結びつきません。

 

では、今まで成果が出ていない人は、

一生ダメなのかと言うと、

そんなことはありません。

 

解決法はあります。

 

解決するためには

どうしたらいいかと言うと、

見える化することです。

 

これも私の講座では

いつもお伝えしていますが、

人間はワーキングメモリーと言って、

頭の中であれこれ考える能力が

元々弱いです。

 

そのために、考えが

上手くまとまらなかったり、

混乱してしまったりします。

 

ですから、無理に頭の中だけで

考えようとするのではなく、

やるべきことを全て

書き出していった方がいいのです。

これが見える化になります。

 

その書き出したものを見ながら、

考えていくと、いろいろな

アイディア浮かんできます。

 

そこから、実践すべき作業

(タスク)を決めていきます。

 

この行動を繰り返せば、

成功に近づいていくことができます。

 

これは、決して

難しいやり方ではありません。

誰でも実践すれば

成果を出すことができるはずです。

 

これが、まさに私の講座で

いつもお伝えしている

一人戦略会議のやり方の

基本の部分になります。

 

まず、頭の中で考えているだけではなく、

見える化して考えることを

実践してみてください。

 

より詳しいやり方

私の講座で解説しています。

ご興味のある方は

説明会にご参加ください。

 

よろしければ、動画も

ぜひご覧になって下さい。     

   ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/Ni3OoX30urA

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2022 All Rights Reserved.