トピックス ブログ

付き合う人は学歴で決めない方がよい3つの理由

投稿日:

先日書いた記事「大学受験はパスポート」
に、多くの賛同の意見 をいただきました。

今回は、一見真逆の話のようですが、
実はそうではありません。

一流大学合格というパスポートを得ることで
可能性が広がる反面、
いろいろな問題も生じてきます。

理由その1
受験によって進路が狭まる

150711_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学受験でレベルの高い学校に進めば、
可能性が広がる反面 、
逆に進路が限定される恐れがあります。

典型なのは、
先日も書いたように医学部に進むケースです。

医学部から他の学部に進路を変更するというのは、
極めてレアなケースで、
ほとんど皆無と言ってもいいでしょう。

他にも理工系から文系への転向、
あるいはその逆なども、
あまり多くはありません。

理由その2
仲間意識・排他意識が強すぎる

150711_2

 

 

 

 

 

いわゆる学閥に代表されるように、
同じ大学出身者に対する仲間意識はとても強い半面、
他大学出身者は排除したり、敵対する傾向も強いです。

大学時代の同級生に親近感が湧くのは当然としても、
全く接点がなかった人が、
単に同じ大学出身だからということで
親近感が湧くというのはおかしな話です。

これは、単なる意識の問題にすぎないわけです。

共通点を求めるなら、
出身地が一緒とか、
趣味が同じとか、
探せばいくらでもあるはずですが、
なぜか一番重視されるのが学歴なのです。

理由その3
大学合格・卒業 は過去の通過点にすぎない

150711_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大昔は寿命が50歳だった日本人も、
80歳〜90歳まで行きられるようになっています。

大学に受かった、卒業したというのは、
長い人生から見ると一瞬の通過点にすぎません。

他にも重要な通過点はたくさんあるはずです。

こういうことを意識しないと、
生涯狭い世界で暮らす
ことになってしまいます。

自分を狭い檻に閉じ込めているのは、
自分自身の意識だということを知り、
広い世界に飛び出すことを考えてみましょう。

 

広い世界で戦うためには、強力な武器が必要です。

この武器とは、あなたの頭脳です。

あなたの頭脳を強化していく方法が

パーフェクトブレインです。

 

森田のプライベート情報や
パーフェクトブレイン開発秘話など、
ブログでは書けない内容をメルマガで配信しています。

ScreenClip

 

 

 

 

***************************************

bnr_seminer-

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス, ブログ

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.