トピックス

運がいい人、悪い人

投稿日:

運がいい人、悪い人

世の中には、いろいろな分野で

成功する人もいれば、上手くいかずに

失敗する人もいます。

 

ちなみに、成功とは何かと言うと、

ここでは自分が設定した目標を

達成できることと定義しています。

 

 

では、まず成功する人と失敗する人の

コメントの違いを考えてみたいと思います。

 

成功する人のコメントは、

「たまたま運が良かっただけです」

「いろいろな人に助けてもらったお陰です」

といったものが多いです。

 

それに対して、失敗する人のコメントは、

「今回も運が悪かった」

「〇〇のせいで上手くいかなかった」

といったように、他人や物事など

他のせいにする内容が多いです

 

では、果たして成功する人は

運がいいのでしょうか?

 

まず失敗する人というのは、

行動量が圧倒的に少ないです。

 

最初に計画を立てます。

ここまではいいのですが、

失敗する人は、その立てた計画通りに

事が運ぶと期待してしまうのです。

 

チャリンチャリンとベルを鳴らしながら、

自転車で歩道を我が物顔で走る人がいます

 

たとえるなら、このようなイメージです。

 

こういう人は、自分思い通りに進めて、

歩行者がどくのが当たり前だと思い込んでいます。

 

世の中の全てが同じようにいくかと言うと、

そんなことはありません。

 

全てが自分の思い通りになるわけではなく

むしろ、思い通りにならないことの方が多いです。

 

しかし、こういう人は、

思った通りにいかなかったことを、

「運が悪い」とか「誰々が悪い」

というように他のせいするのです。

 

それに対して、成功する人には

どういった特徴があるでしょうか

 

まず、成功する人は、

失敗する人に比べて、

行動量が多いです。

 

そして、自分のしたことが

全て上手くいくとは思っていません。

だからこそ積極的に行動するのです。

 

成功する人は、

上手くいくことを期待せず、

上手くいったらラッキーぐらいに

考えています。

 

ですから、たくさん行動した中の

1つが上手くいった時には、

「自分は運が良かった」

「上手くいったのは

周りの人に助けてもらったお陰」

というように思うのです。

 

結局のところ、

物事が上手くいくかいかないかは

確率の問題になってきます。

失敗する人というのは、

成功する確率を

高く見積もり過ぎています。

 

100%成功するかのように

捉えているのですが、

世の中そんなに甘くありません。

 

かつて、ユニクロの柳井正会長が

「一勝九敗」という本を出して、

ベストセラーになりました。

  ↓  ↓  ↓

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E5%8B%9D%E4%B9%9D%E6%95%97-%E6%9F%B3%E4%BA%95-%E6%AD%A3/dp/4104642010

 

物事は10%上手くいけば良い方です。

計画通りに100%

上手くいくことはあり得ません。

 

しかし、失敗する人は、

安易な予測を立ててしまいます。

 

それに対して成功する人は、
成功する確率を

低く見積もっています。

 

ですから、成功する人は、

積極的に謙虚に大量に行動するのです。

その結果、たくさん行動した中の

1つが上手くいくのです。

 

それも、手柄と思わずに

運が良かったと捉えるのです。

 

 

■よく成功する人は

運がいいからと考えられがちです。

 

科学的に考えれば、

成功する人も失敗する人も

運は同じなのです。

 

しかし、思考と行動量の違いが、

結果的に運を引き寄せるかどうかの

につながるのです。

 

今回は運がいい人、悪い人を

科学的に解説しました。

 

物事は確率で成り立っています。

このことを理解し、

どうやったら上手くいくのか

考えることがオススメです。

 

 

よろしければ動画も

ぜひご覧になって下さい。     

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/RFRLwtpqIKU

 


							
東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.