トピックス

人生の抜け道を見つけよう

投稿日:

人生の抜け道を見つけよう

新しいYouTubeチャンネルを始めました。

YouTubeのコメント欄に質問をして頂けば、

私が直接お答えします。ぜひご覧になって下さい。     

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/nmjXa0h0MM4

 

世の中には、いろいろな抜け道があります。

 

たとえば、最近話題になった、

トリキの錬金術と呼ばれるものも

その1つです。

 

10月1日から始まった

「Go To イート」キャンペーンでは、

飲食店で注文をすると、

1000円分のポイントを獲得できます。

 

鳥貴族という居酒屋は1品が300円ぐらいです。

つまり、鳥貴族で1品だけ頼んでも、

ポイントは1000円分付くので、

この差額がもらえることになります。

 

つまり、払う額よりも

もらえる額の方が大きくなるので、

事実上お金がもらえることと同じになります。

 

かなりセコいですが、こういったことをする人が

続出したようです。

 

このように、物事に

完璧なルールを作るのは困難です。

どうしても抜け道ができてしまいます。

 

他にも、いろいろな抜け道があります。

 

たとえば、宅建、

宅地建物取引士の試験です。

 

この試験では不動産会社に勤めている人だけは、

5点、ゲタを履かせてもらえるのです。

 

50点満点の試験で

プラス5点になるので1割アップです。

これは、かなり大きいです。

 

これは抜け道というよりは、

誰でも知っていることですが、

不動産会社に勤めていなければ

5点がもらえないのです。

 

また、自動車運転免許にも

抜け道があります。

運転免許は教習所に行かなければ

取得できないと思われていますが、

実はそうでもありません。

 

自分で練習して、試験を受けて

取得することも可能です。

 

実際にやろうと思うと

ハードルは高いですが、

こういった抜け道もあります。

 

では、大学の医学部にも抜け道があるのは

ご存知でしょうか?

 

今、医学部の人気が、

昔以上に上がっています。

 

日本の景気が長い間悪かったことが影響し、

医師は安定した職業だからということで、

医学部志向が高まったようです。

 

また、開業医の場合、

子どもに自分の医院を継いでほしい

といった意向もあります。

 

その結果、医学部の偏差値は

軒並み高くなっています。

 

昔は、私立の医学部には、

裏口入学があると言われていました。

 

それは、コネを使ったり、

寄付金を積んだりすれば

入学できるというものです。

 

それが本当かは分かりませんが、

現在はそのようなことも難しくなり、

開業医の息子でさえ、

医学部に入れないケースがあります。

 

そのような状況の中で、

新たな抜け道が登場しました。

 

これは、あまり一般的には

知られていないかもしれませんが、

日本の医学部に入れない人が、

海外の医学部に入というものです。

 

もちろん、国によって

医学部のレベルも違いますが、

比較的コストもかからず、

簡単に入れるような国を選ぶそうです。

 

日本の医師の国家試験は、

国内の医学部を卒業した人向けの試験と、

外国人医師向けに、外国で医師免許を

取った人を対象とした試験があります。

海外の医学部を出て、日本で働く

医師免許を取得するというのは、

言わば抜け道のようなものです。

 

法律的には何ら問題ありませんが、

将来的に禁止される可能性がないかと言うと、

それは何とも言えません。

 

ただ、これを禁止すると外国人医師の受け入れも

禁じなければならなくなるので、

理論的には難しいです。

 

今現在、こういった抜け道認知度が

徐々に高まっています。

 

認知度が上がれば

抜け道ではなくなってしまいますが、

このような方法もあるのです。

 

抜け道の中には良い抜け道もあれば、

悪い抜け道もあります。

 

何でもかんでも苦労すればいい

というものでもないので、

良い抜け道は利用した方がいい

私は考えます。

 

エジソンの言葉に、

「天才とは1%のひらめきと、99%の努力である」

というものがあります。

 

この言葉は、天才といえども、

99%は努力しなければいけないと

解釈している人が多いかと思います。

 

この言葉は原文だと、

「Genius is  1 percent inspiration

and 99 percent perspiration」

となります。

 

これは、

「ひらめきやアイデアは一瞬で浮かぶが、

それを検証したり、実現するのには

膨大な時間と労力が必要になる」

といった解釈もできるのではないでしょうか。

 

アイディアは一瞬で閃きますが、

その後の検証と実現には、

莫大な時間と労力がかかります。

 

エジソンも、それを頑張って、

失敗を繰り返しながら

成功に行き着いたのです。

 

この膨大な作業を効率化することができれば、

生産性は大幅にアップします。

 

つまり、アイデアをひらめく以外の

作業を他の人にやってもらえれば、

生産性を上げることが可能になります。

 

私がいつもお伝えしているように、

仕組み化をすることが

最大の抜け道になります。

 

どんな分野においても、いかに仕組み化して、

生産性を上げるかということは、

常に意識した方がいいです。

 

よろしければ動画もぜひご覧になって下さい。     

 ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/nmjXa0h0MM4


							
東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.