トピックス

究極の熱中症対策とは?

投稿日:

究極の熱中症対策とは?

新しいYouTubeチャンネルを始めました。

YouTubeのコメント欄に質問をして頂けば、

私が直接お答えします。ぜひご覧になって下さい。  

  ↓   ↓   ↓


https://youtu.be/UUseCZctiWs

 

今年の夏も、熱中症になる人が増えています。

 

熱中症とは何かと言うと、熱によって起こる、

身体の不調です。

 

めまいや倦怠感、頭痛、吐き気ひどくなると

意識障害が起き、中には意識を失ってしまう人もいます。

 

熱中症の原因は、主に2つあります。

 

1つめの原因は、暑さによる

体温調整機能の乱れです。

 

人間の体温は通常36度前後です

 

それが暑いところにいて、

40度ぐらいまで上がってしまうと、

下げることができなくなるのです。

 

もう1つの原因は、暑さで

体内の水分量・塩分量のバランスが

崩れてしまうことです。

 

いずれにせよ、暑さが原因で

引き起こされることは間違いありません。

 

そこで、私自身の経験を踏まえ、

熱中症対策のポイントお伝えしていきます。

 

実は、私も今から13年ほど前、

熱中症になりかけたことがあります。

 

その年の7月、私はあるフルマラソンに参加しました。

その日の最高気温は、32度でした。

 

炎天下の中を走り、順調にペースを保っていましたが、

30キロ地点ぐらいで、汗が出なくなってきました。

 

初めは、

「これだけ快調に走れているのに、

汗をかかないということは、今日は調子が良いのだ」

などと思っていました。

 

実は、それは大きな勘違いでした。

 

次に、

「こんなに暑い中走っていて汗が出ないのはおかしい!

熱中症になりかけている!」

と気づいたのです。

 

実際に、とても喉が乾いていました。

そこからは、途中の給水ポイントで、

水を飲みまくりました。

 

しかし、それでも足りなかったので、

最後の4キロぐらいでは民家の水道を拝借して、

とにかく水を飲みまくりました。

 

そして、命からがら42.195キロを

完走することができました。

 

私のこの経験からも分かるように、

汗が出ないということは、水分が足りないということです。

 

汗が出なくなると、体温を上手く

調整することができません。

 

まずは水分をしっかり摂るということが、

熱中症対策の1つめのポイントになります。

 

マラソンの途中で水を飲みまくったことで、

なんとか完走はしたものの、

ゴール後もまだ喉が乾いていました。

 

そこで、私は水を2リットルがぶ飲みしました。

 

乾きは収まりましたが、その数十分後、

猛烈に気持ちが悪くなってきました。

 

そして、とにかく塩辛いものを摂りたくなったのです。

 

私は医師としての勘で、これは

低ナトリウム血症分かりました。

 

ナトリウムは、塩の成分です。

血液中に、ある一定の量で存在しています。

しかし、その時の私は、

ナトリウムが汗で失われていたのにも関わらず、

水分だけを大量に摂ったために、

血液中の塩分が薄まってしまったのです。

 

薄い血液になると、身体のバランスが保てません。

低ナトリウム血症も、ひどい場合には

意識を失ってしまうことも起きてきます。

 

そこで、私はホテルに戻って、すぐに

カップヌードル2個一気に食べました。

 

塩分を摂らないといけないので、

スープまで飲み干して、どうにか回復しました。

 

このような私の経験からも分かるように、

暑いところでは分だけでなく、塩分も

補給する必要があります。

 

最近は、スポーツドリンクや塩分を含むドリンクも、

たくさんの種類があります。

 

汗をたくさんかいた時は、水だけではなく、

こういったドリンクで塩分も補給することが好ましいです。

 

また、最近テレビなどでは

水中毒ということが言われています。

 

これは、塩分を摂らずに水だけを摂っていると、

そういった状態になってしまうということです。

 

では、最後に、、

究極の熱中症対策何かと言うと、

暑いところには極力行かないことです。

 

これが最も有効です。

 

ここ数年の日本の夏は、ひどい場合には、

気温が41度を観測することもあります。

 

ところで、この気温の測り方を、

皆さんは覚えているでしょうか?

 

小学校の理科で習いましたが、気温は

百葉箱という箱の中で測ります。

つまり、日陰での計測です。

 

ということは、日の当たるところの

気温はもっと高いことになります。

 

たとえば、百葉箱で出た温度が41度であれば、

日なたでは45度といった、

恐ろしい暑さであることが考えられます。

 

そのような暑い場所に、あえて行く必要はない

というのが私の考えです。

 

ですから、究極の熱中症対策は、

暑い場所を極力避けるということになります。

 

よろしければ、動画もぜひご覧になって下さい。  

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/UUseCZctiWs

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.