トピックス

英語ができない人の特徴トップ3

投稿日:

英語ができない人の特徴トップ3

新しいYouTubeチャンネルを始めました。

YouTubeのコメント欄に質問をして頂けば、

私が直接お答えします。ぜひご覧になって下さい。    

↓   ↓   ↓

https://youtu.be/9l7_K1lnkaQ

 

日本人は英語が苦手な人が多いです。

 

私は、いろいろな方のコンサルをしますが、

英語にコンプレックスがあったり、

英会話ができなかったりして、

「英語ができるようになりたいです」

という人が多いです。

 

ところで、英語ができないと言う人たちの

話を聞いていると、ある共通する特徴

浮かび上がってきました。

 

今回は、それをまとめて

ご紹介していきたいと思います。

 

まず、1つめの特徴は、

文法を気にしすぎるということです。

 

私たち日本人は、中学校から

本格的に英語を習い始めますが、

文法の学習に多くの時間を取ります。

 

そのため、文法を

しっかりしなければいけない考える人が

多いです。

 

もちろん文法がしっかりしていることに

越したことはないですが、こういった人が

よく陥りがちなパターンがあります。

 

それはどんなパターンかと言うと、

文法は正しいが、

実際には使われていない表現を使うことです。

 

ネイティブの会話をあまり聞く機会がないまま

教科書で習った通りの文法と、

自分の知っている単語を組み合わせると、

文法上は正しいものの、

あまり使われない表現が生まれます。

 

そういった表現を使って話しても、

英語圏の人には通じなということがあります。

 

英語だとイメージが湧きにくいので、

日本語のケースで考えてみましょう。

 

たとえば、日本語では

相手に感謝の意を伝える時に、

「ありがとうございます」

「感謝しています」いった表現を使います。

 

これを、日本語を学んだ外国人が

「私はありがとうございますと思っています」

といった言葉を使うとします。

 

これも間違ってはいないですが、

実際にはあまり使わない表現になります。

 

私たちは、こういったケースの

英語バージョンをやってしまっている

可能性があります。

 

では、こういったパターンに陥らないためには

どうしたらいいでしょうか。

 

その対策としては、英語は

単語だけでも通じることを意識することです。

 

たとえば、レストランで注文する時も、

単語だけで通じます。

文法はあまり気にする必要はありません。

 

ビールが欲しければ「beer」だけでも通じますし、

メニューを指差して「this one」と言うだけでも

大丈夫です。

 

まずはシンプルに始めてみましょう。

 

英語ができない人の特徴2つめとして、

完璧主義ということが挙げられます。

 

完璧主義の人は、

「まだ今はネイティブと話すのは無理」

「もっと準備万端にしてから話そう

といったことを、よく口にします。

 

しかし、それでは英語は上達しないのです。

 

なぜなら、完璧になる日というのは、

いつまで経っても来ないからです。

 

では、どうしたらいいかと言うと、

とにかく英語を話してみることです。

 

英語を話す機会を持てば、相手の話を

一生懸命聴くことになるのでリスニングも向上します。

 

また、話す時も、表現を一生懸命

考えて話すようになるので、

スピーキングも上手くなります。

 

ですから、まずは英語を話す機会持つことが

オススメです。

 

では、英語のできない人の特徴3つめは

何かと言うと、勉強不足です。

 

これが英語ができない理由の中で、

最も多いです。

 

私は「英語ができるようになりたい」と言う人に

「1日何時間勉強していますか?

聞くようにしています。

 

すると、

「1日30分ぐらいです」

「勉強の時間が全然取れなくて、、、」

といった答えが返ってくることが多いです。

 

これでは英語はできるようにはなりません。

 

どんなに有効な勉強法があったとしても、

勉強をしていなければ

できるようにならないからです。

 

1日たった30分の勉強で、

英語が上達するとは考えにくいです。

 

アメリカやイギリス、オーストラリアなど

ネイティブは、1日中英語を使っています。

 

1日たった30分しか勉強していない人が、

1日中英語を使っている人に

勝てるわけがありません。

 

それにも関わらず、

夢のような勉強方法があると勘違いして、

努力もせず、勉強していない人が多いのです。

 

英語は、習うより慣れろです。

 

まずは、とにかく英語に触れる時間を

増やすことを考えた方がいいです。

 

英語に限らず、何の学習でも言えることですが、

たいして勉強をしない人ほど、

効率の良い勉強法を追い求めがちです。

 

そんな暇があるなら、英語に触れる

時間を増やした方がいいです。

 

そのうちに効率の良い勉強法も見つかってくるので

まずは量をこなすところから始めましょう。

 

ネイティブの人に、

「英語をどのように覚えましたか?」と聞いても、

おそらく「分からない」と答えるでしょう。

 

これは、効率の良い勉強をしたということではなく、

とにかく英語に慣れたということです。

 

英語が上手くなりたいが、

あまり勉強していないと言う人は、

まずは英語に触れる時間を増やしましょう。

 

英語の音声を聴いたり、英語の長文を読んだり、

洋画を観たり、英字新聞を読むのも有効です。

 

そして、自分にどういう変化が起きるかを見て、

上手くいかなかったら

次の手を考えればいいのです。

 

ですから、まずは

英語に触れる時間を増やすことがオススメです。

 

よろしければ、動画もぜひご覧になって下さい。  

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/9l7_K1lnkaQ

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.