トピックス

脳機能アップ!その裏技

投稿日:

脳機能アップ!その裏技

新しいYouTubeチャンネルを始めました。

YouTubeのコメント欄に質問をして頂けば、

私が直接お答えします。ぜひご覧になって下さい。

  ↓   ↓   ↓

 https://youtu.be/IcmmKWpvI8w

 

私はよく

「頭を良くしたい」「能力をアップしたい」

といった相談を受けることがあります。

 

では、俗に言う「頭がいい」とは

どういうことでしょうか?

 

たとえば、頭の回転が速かったり記憶力が良かったり、

他の人が気づかないようなところにすぐに気づく

鋭さがある人が頭が良いと言われるようです。

 

では、それに脳のどの機能が関係しているのかと言うと、

ワーキングメモリーです。

 

ワーキングメモリーとは何かと言うと、

頭の中でいろいろなことをやりくりする能力のことです。

 

たとえば、皆さんも仕事の段取りなどを頭の中で

あれこれ考えることがあると思います。

 

その時に働いているのが、

このワーキングメモリーです。

 

しかし、実は人間は、

このワーキングメモリーが弱いです。

 

そのために頭の中だけであれこれ考えていると、

脳に負担がかかってしまい、ストレスになります。

 

そこで、脳の負担を減らすために

私がいつも推奨しているのは

脳内断捨離という方法です。

 

脳内断捨離はどのようにするかと言うと、

まず頭の中で考えているものを全部書き出します。

これはノートに書くのでも、

パソコンに打ち出すのでもかまいません。

 

全て書き出し、見える化することを

脳内断捨離と呼んでいます。

 

これをすることで、脳の負担を

劇的に減らすことができます。

 

ストレスを減らすことで、脳の働きが

スピードアップし、集中力を上げることが可能です。

 

 

では逆に、脳を鍛えるためには

どうすればいいでしょうか?

 

この場合は、脳の負担を減らすことと、

逆のことをすればいいのです。

 

人間はワーキングメモリーが弱いので、

頭の中だけであれこれ考えることはストレスになります。

 

そこで、先ほどは頭の中を全部書き出し、

脳の負担を減らす方法をお伝えしました。

 

今回はそれとは逆に、書き出さずに

頭の中だけであれこれ考えるということになります。

 

その方法として、

詰将棋がオススメです。

 

将棋の中でも、

相手の王様を詰ませるのが詰将棋です

駒の動かし方と、〇手詰といった

詰将棋のルールさえ分かれば誰でも簡単にできます。

 

1手詰め、3手詰め、5手詰めなど

手数が多くなるにつれ、難しくなりますが

誰でも取り組むことはできます。

 

詰将棋は、盤面と将棋の駒が

並んでいるところを見ながら、

先を考えていきます。

 

これをすることで、

脳のワーキングメモリーが鍛えられます。

 

慣れてくると、駒が勝手に動く感覚になります。

駒が勝手に動いて、最後の詰みまで分かってくるのです。

 

もちろん詰将棋にも難易度があるので、

全て上手くいくわけではありませんが、

次第にそんな感覚になってきます。

 

これが、いつもお伝えしているように、

脳内回路が強固になった状態です。

 

詰将棋に限らず、計算なども同じことが言えます。

 

計算も、数多くこなすうちに慣れてきて、

スピードが上がると、言葉で考えなくても、

頭の中で勝手に計算してくれるようなレベル達します。

 

こういう状態になると、脳の機能は

ワンランクレベルアップしたと言えます。

 

どの分野においても、それぐらいのレベルまで

極めるというのが、脳を鍛える上ではオススメです。

 

 

もう1つ、脳機能アップにオススメなのが、

頭の中でイメージを作る方法です。

 

それはどんな方法かと言うと、

いわゆる記憶術です。

 

〇〇術と言うと怪しいと思われるかもしれませんが、

これは昔からある、ちゃんとした方法です。

 

具体的なやり方は、イメージを使って

自分が覚えたいものと別の物を結びつけて覚える

というの基本になります。

 

たとえば、鎌倉幕府という単語を覚えたいとします。

 

その時に、何でもいいのですが

鎌倉幕府と郵便ポスト結びつけて覚えていきます。

 

そこから鎌倉幕府と似た音のイメージを探します。

たとえば、鎌が郵便ポストにグサッと刺さる

イメージすることで、鎌倉幕府と郵便ポストの

2つを結びつけるのです。

 

こういったイメージをする作業を繰り返すことで、

文字や文章だけで覚えるよりも覚えやすく、

記憶が定着しやすくなります。

 

慣れてくると、この結びつけるイメージも

浮かびやすくなり、後で思い出すのもスムーズになります。

 

この方法も、脳を鍛え、

脳機能がアップするのに有効です。

 

よろしければ動画もご覧ください。

  ↓   ↓   ↓

https://youtu.be/IcmmKWpvI8w

 

 

東大ドクター森田のLINE@

-トピックス

Copyright© 東大ドクター森田の潜在能力開発講座 , 2020 All Rights Reserved.